本文へスキップ

エクセル株式館は、初心者の株式投資を応援します。

  1. トップ>
  2. 銘柄選定

銘柄選定stock-picking


(目次)
 4.1 情報収集
 4.2 ネット情報
 4.3 銘柄の分類
 4.4 投資戦略
 4.5 分散投資
 4.6 投資額
 4.7 銘柄の決定

4.1 情報収集


・株式投資では、銘柄選定が非常に重要です。

・銘柄選定を行う為には、どの銘柄が有望なのかを知る必要があります。

・有望株を見つけるには、株式に関する色々な情報を収集し解析する必要が有ります。

・情報収集は、ニュース、日経新聞、ネット情報、会社四季報、経済誌などで行います。

・情報と言っても株価の動向だけで無く、世界経済(アメリカ、中国、ヨーロッパ、東南アジアなど)、日本経済、
 為替、金など幅広い情報が必要となります。

・情報収集は手段さえ知っていれば比較的容易ですが、肝心なのは情報解析です。
 得られた情報を正しく解析する事で、今後の経済動向を予想する事ができます。

・例えば、特定の産業分野の動向が予想できれば、有望株を絞り込む事が可能になります。


4.2 ネット情報


・現在はインターネットの普及、パソコンの低価格化・高性能化により、ネット情報を簡単に得られる様に
 なりました。

・ネット情報は色々と有りますが、以下に代表的なネット情報を記載して行きます。

Yahoo!ファイナンス
 Yahoo!ファイナンスは、投資やマネーの総合情報サイトです。
 株価やIPO、株主優待など日本株情報のほか、外国為替や金利、投資信託や中国株、ニュースや企業情報などを
 掲載しています。

東京証券取引所
 株式ほか金融商品の取引所。
 企業概要、市況や上場会社に関する情報、制度や用語の解説。

ダイヤモンド・オンライン
 ダイヤモンド社が提供するビジネス情報サイト。
 ビジネスパーソンの知りたい「今」がわかるウェブマガジン。
 話題の時事・経済ニュースを独自の視点で斬る強力コラム満載!

東洋経済オンライン
 東洋経済がプロデュースする日本最大級のビジネスサイト。
 東洋経済オンラインはビジネス、経済情報に加え、新世代リーダーが教養、スキル、センスを磨くための情報も充実。


4.3 銘柄の分類


・証券取引所に上場している銘柄は、色々な方法で分類できます。
 下記に代表的な分類方法を記載して行きます。

・時価総額と流動性による分類
 大型株: 時価総額と流動性が高い、上位100銘柄(TOPIX100の算出対象)
 中型株: 大型株についで時価総額と流動性が高い、上位400銘柄(TOPIX Mid400の算出対象)
 小型株: 大型株・中型株に含まれない全銘柄(TOPIX Smallの算出対象)

・業種による分類
 水産・農林株
 鉱業株
 鉱業(石油、ガス開発)株
 建設株
 食品株
 繊維・紙株
 化学・薬品株
 資源・素材株
 機械・電機株
 自動車・輸送機株
 金融・商業・不動産株
 運輸・通信・電気・ガス・サービス株

・株式用語による分類
 人気株: 総合的に見て、投資家が価値が有ると判断している銘柄です。
 優良株: 財務内容、配当率などが良い銘柄です。
 安定株: 業界が成熟して、業績が安定している銘柄です。
 成長株: 売上、利益などが拡大し、成長が見込める銘柄です。
 仕手株: 仕手筋(ヘッジファンド、投資顧問会社など)により、株価を操作されている銘柄です。
 ボロ株: 株価100円以下で、倒産の危険性が高い銘柄です。


4.4 投資戦略


・株式投資で重要なのは、投資戦略です。

・戦略と言っても、難しい事は有りません。

・売却益で儲けるのか、配当金で儲けるのかを決める事です。

・売却益で儲ける場合は、株式を保有する期間をどうするかです。

・代表的には、下記の3つの投資戦略が有ります。
 短期保有: 1年未満で株式を売買して、売却益で儲ける。(ギャンプル性が強く、お勧めしません)
 長期保有: 1年以上で株式を売買して、売却益で儲ける。(安定性が有り、お勧めします)
 配当狙い: 1年以上は株式を保有して、配当金で儲ける。(安定性が有り、お勧めします)


4.5 分散投資


・投資における基本事項ですが、一つの銘柄に全ての投資額を割り当てるのは大変危険です。

・所謂、○○一本とか××一筋とかの場合です。また、特定の業種に集中するのも危険です。

・この様な集中投資の場合は、上手く行けば利益は多大になりますが、失敗すれば損失も多大になります。

・そこで基本は、分散投資(ポートフォリオ運用)となります。

・分散投資とは、複数の業種、複数の株式に分散して投資する事です。

・さらに、投資する時期も分散させることが大切です。

・時期を分散させるには、株式を一度に購入するのではなく、複数回/年の頻度で分割して購入する方法が有ります。

・また、大企業、ベンチャー企業など、安定企業と成長企業に分けるのも有力です。

・分散投資を纏めますと、以下の4つとなります。
 業種の分散
 銘柄の分散
 時間の分散
 市場の分散


4.6 投資額


・株式投資では、投資額が大きい程、上手く行った場合の利益も大きいです。

・リスクが全く無い場合なら、投資額が大きくても問題有りませんが、株式投資には必ずリスクが有ります。

・従って、仮に株式投資に失敗しても、人生設計に大きな狂いを生じさせない程度の投資額が限度となります。

・具体的には、生活費、住宅ローン、自動車ローン、教育費などの必要な資金は確保する事が必要です。

・余裕資金(当分の間は使わない預金)から、投資額を決めるのが良いでしょう。


4.7 銘柄の決定


・銘柄を決定する必要が有りますが、優良株、安定株、成長株などから選定すると無難かと思います。

・特に安定株は、長期保有、配当狙いの面で適していると思います。

・安定株を業種で見ると、電気、ガス、交通期間、食料品、医薬品などが有ります。

・但し安定株と言っても、絶対安定ではなく、比較的安定と言う意味です。

株式ソフトは、下記をクリックして下さい。
本館:エクセル将棋館(株式ソフト)


株式ソフトは、下記をクリックして下さい。
本館:エクセル将棋館(株式ソフト)

ナビゲーション


バナースペース




エクセル株式館

日本国

地方都市

e−mail(
e−mail







 スポンサード リンク