本文へスキップ

品質管理はデータに始まり、データで終わります。

  1. トップ>
  2. QC基礎>
  3. 相関関係と因果関係

相関関係と因果関係correlation and causation


(目次)

 1. 相関関係と因果関係とは
 2. 相関関係
 3. 因果関係
 4. 擬似相関
 5. 因果関係の判定

1. 相関関係と因果関係とは

01 相関関係と因果関係とは(解説)
 1.相関関係と因果関係について、説明して行きます。
 2.相関関係が有っても、因果関係が有るとは限り
  ません。
 3.相関関係は、因果関係の前提条件となります。
 4.逆に言うと、相関関係が無い場合は、因果関係は
  有りません。
 5.数学記号で示すと、下記の様になります。

  因果関係 ∈ 相関関係



↑クリックすると拡大します。


2. 相関関係

02 相関関係(解説)
 1.相関関係ついて、説明して行きます。
 2.相関関係とは、説明変数xと目的変数yの線形関係
  を意味します。
 3.相関関係は、相関係数rと言う指標で表されます。
 4.相関係数rは、−1から1までの値を取ります。
  正の相関:  0 < r ≦ 1
  負の相関: −1 ≦ r < 0
 5.ここで注意して欲しい事は、相関関係は線形関係の
  有無であることです。即ち、理論や法則などは考慮
  していません。


↑クリックすると拡大します。


3. 因果関係

03 因果関係(解説)
 1.因果関係について、説明して行きます。
 2.因果関係とは、原因と結果の間に理論や法則が有る
  事を示しています。
 3.水道の例で説明して行きます。水道は蛇口を捻ると
  水が出ます。
 4.これは、以下の様な関係です。

  蛇口を開く → 弁が開く → 水が出る

 5.上記の様に、理論や法則が有る事が前提です。


↑クリックすると拡大します。


4. 擬似相関

04 擬似相関(解説)
 1.擬似相関について、説明して行きます。
 2.擬似相関とは、原因と結果が関係して見える事で、
  実際には関係が無い場合です。
 3.血圧と年収の例で説明して行きます。ある統計では
  血圧が上がると年収も上がると言うデータが有り
  ました。
 4.理論的には上記のデータには、根拠が有りません。
 5.色々と調べると、血圧と年収に共通する第三の因子
  として、年齢がある事が判明しました。
 6.年功序列賃金では、上記の現象が発生します。


↑クリックすると拡大します。


5. 因果関係の判定

05 因果関係の判定(解説)
 1.因果関係の判定について、説明して行きます。
 2.因果関係を判定する方法は、原因と結果の間に理論
  や法則が有るかどうかを調べる事です。
 3.理論や法則を考えるには、色々な角度から物事を
  客観的に見る事が大切です。
 4.最終的には、自分で推測する、過去の類似例を調べ
  る、人の意見を聞くなどを行い決定します。
 5.ただし因果関係の判定を行った後も、「判定結果の
  可能性が有る。」程度に留める方が良いかも知れ
  ません。


↑クリックすると拡大します。


品質管理ソフトは、下記をクリックして下さい。
本館:エクセル将棋館(品質管理ソフト)

information

姉妹サイトは、下記アイコンを
クリックして下さい。


本館:エクセル将棋館
本館:エクセル将棋館

別館:エクセル株式館 別館:エクセル株式館

スポンサード リンク