本文へスキップ

品質管理はデータに始まり、データで終わります。

  1. トップ>
  2. 実験計画法>
  3. 二元配置実験(n=1)

二元配置実験(n=1)two way doe (n=1)


(目次)

 1. 二元配置実験(n=1)とは
 2. 二元配置実験(n=1)の具体例
 3. 各要因の変動と自由度を算出
 4. 分散分析表の作成
 5. 要因効果、水準間の差、最適条件
 6. 平均値の差、個々のデータの推定
 7. 有効反復数

1. 二元配置実験(n=1)とは

01 二元配置実験(n=1)とは(解説)
 1.二元配置実験(n=1)について、説明します。
 2.二元配置実験(n=1)は、因子が2つの実験計画
  法で、繰返しは1回です。
 3.二元配置実験(n=1)は、以下の組み合せで
  実験します。
  ・因子: A、B
  ・水準: 1,2,3・・・,a (b)
  ・繰返: 1回
  ・順序: ランダム
 4.以下、計算方法等を記載します。


↑クリックすると拡大します。


2. 二元配置実験(n=1)の具体例

02 二元配置実験(n=1)の具体例(解説)
 1.二元配置実験(n=1)の具体例について、説明
  して行きます。
 2.左表の様に、データ列を作成します。
  ・左列: 要因Aと水準
  ・中列: 要因Bと水準
  ・右列: 要因Aで各水準の合計
  ・下行: 要因Bで各水準の合計
 3.この表を基にして、各種計算を行います。




↑クリックすると拡大します。


3. 各要因の変動と自由度を算出

03 各要因の変動と自由度を算出(解説)
 1.各要因の変動と自由度を算出について、説明して
  行きます。
 2.計算する項目を以下に記します。
  ・修正項 : CT=T/N=
  ・総変動 : S
  ・要因変動: S
  ・要因変動: S
  ・誤差変動: S=S−S−S




↑クリックすると拡大します。

 ・自由度 : f=ab−1=
 ・自由度 : f=a−1=
 ・自由度 : f=b−1=
 ・自由度 : f=f−f−f
3.記号の補足
 ・T: 全データの合計
 ・N: 全データの個数
 ・a: 水準数
 ・b: 水準数


4. 分散分析表の作成

04 分散分析表の作成(解説)
 1.分散分析表の作成について、説明して行きます。
 2.左表の様に、分散分析表を作成します。
 3.横の項目
  ・要因
  ・平方和S
  ・自由度f
  ・分散V
  ・F
  ・p値
  ・寄与率ρ


↑クリックすると拡大します。

4.縦の項目
 ・水準間A
 ・水準間B
 ・誤差e
 ・計T


5. 要因効果、水準間の差、最適条件

05 要因効果、水準間の差、最適条件(解説)
 1.要因効果、水準間の差、最適条件について、説明
  して行きます。
 2.要因効果、水準間の差、最適条件の推定は、以下の
  計算で行います。
 3.要因効果の推定
  ・xbarA1=(平均値)±
   t(f,0.05)×(V/b)0.5
 4.水準間の差の推定
  ・xbarA1−xbarA2=(平均値の差)±
   t(f,0.05)×(2V/b)0.5


↑クリックすると拡大します。

5.最適条件の推定
 ・xbarA4B3=(平均値)±t(f,0.05)×(V/n0.5


6. 平均値の差、個々のデータの推定

06 平均値の差、個々のデータの推定(解説)
 1.平均値の差、個々のデータの推定について、説明
  して行きます。
 2.平均値の差、個々のデータの推定は、以下の計算で
  行います。
 3.平均値の差の推定
  ・xbarA4B3−xbarA3B2
   (平均値の差)±t(f,0.05)×
   (V/n0.5




↑クリックすると拡大します。

4.個々のデータの存在範囲
 ・xA1=(平均値)±t(f,0.05)×((1+1/n)V0.5


7. 有効反復数

07 有効反復数(解説)
 1.有効反復数について、説明して行きます。
 2.推定する項目により、データ数の算出方法が異なり
  ます。
 3.nの算出
  ・n=ab/(a+b−1)
 4.nの算出
  ・n=ab/(2(a+b))
 5.記号の補足
  ・a: 要因Aの水準数
  ・b: 要因Bの水準数


↑クリックすると拡大します。


品質管理ソフトは、下記をクリックして下さい。
本館:エクセル将棋館(品質管理ソフト)

information

姉妹サイトは、下記アイコンを
クリックして下さい。


本館:エクセル将棋館
本館:エクセル将棋館

別館:エクセル株式館 別館:エクセル株式館

スポンサード リンク