本文へスキップ

品質管理はデータに始まり、データで終わります。

  1. トップ>
  2. 改善活動>
  3. データで事実を判断する

データで事実を判断するdetermine the fact with data


(目次)

 1. データで事実を判断するとは
 2. ファクトコントロールの必要性
 3. 事実を正確に掴む為の手順
 4. KKD(経験、勘、度胸)のみはNG
 5. データは両刃の剣

1. データで事実を判断するとは

(解説)
 1.データで事実を判断するについて、説明します。
 2.データで事実を判断するは、以下の5項目です。
  ・ファクトコントロールの必要性
  ・事実を正確に掴む為の手順
  ・KKD(経験、勘、度胸)のみはNG
  ・データは両刃の剣
 3.データは事実を判断する為に必要ですが、取得方法や
  解析方法が間違っていると、判断を誤ります。




↑クリックすると拡大します。


2. ファクトコントロールの必要性

(解説)
 1.ファクトコントロールの必要性について、説明して
  行きます。
 2.データで事実を判断する事を、ファクトコントロール
  (Fact Control)とも呼びます。
 3.ファクト:事実、コントロール:管理なので、事実に
  基づく管理です。
 4.実際に起きている事を把握するには、データの取得、
  解析、判断が必要です。




↑クリックすると拡大します。


3. 事実を正確に掴む為の手順

(解説)
 1.事実を正確に掴む為の手順について、説明します。
 2.事実を正確に掴む為の手順は、以下の6つです。
  ・三現主義(現場、現物、現実)
  ・どんなデータが必要か決める
  ・データの活用方法を決める
  ・正しいデータを取る
  ・QC手法等でデータ解析する
  ・考察を行い正しい判断をする
 3.上記の6つは非常に大切な事です。これは品質管理の
  基本となります。


↑クリックすると拡大します。


4. KKD(経験、勘、度胸)のみはNG

(解説)
 1.KKD(経験、勘、度胸)のみはNGについて、説明
  して行きます。
 2.KKD(経験、勘、度胸)は、主観的判断です。
 3.KKD(経験、勘、度胸)のみでは、事実を見逃す
  可能性が有ります。
 4.これに対しデータよる判断は、客観的判断です。
 5.主観的判断、客観的判断を、上手く組み合わせる事が
  良いでしょう。




↑クリックすると拡大します。


5. データは両刃の剣

(解説)
 1.データは両刃の剣について、説明して行きます。
 2.データ解析では、以下の3つを考慮する必要です。
  ・平均値は代表値とは限らない。
  ・サンプリングによる偏り。
  ・測定誤差(機器、人、繰り返し)。
 3.下記の2点を頭に入れて、解析しましょう。
  ・データを分布で捉える。
  ・色々な見方で考える。




↑クリックすると拡大します。


品質管理ソフトは、下記をクリックして下さい。
本館:エクセル将棋館(品質管理ソフト)

information

姉妹サイトは、下記アイコンを
クリックして下さい。


本館:エクセル将棋館
本館:エクセル将棋館

別館:エクセル株式館 別館:エクセル株式館

スポンサード リンク