本文へスキップ

品質管理はデータに始まり、データで終わります。

  1. トップ>
  2. その他>
  3. UL

ULul


(目次)

 1. ULとは
 2. ULの歴史
 3. ULの対象製品
 4. ULの規格認証
 5. ULのマーク

1. ULとは

01 ULとは(解説)
 1.ULについて、説明して行きます。
 2.ULは、任意の安全規格(UL規格)を策定して
  います。
 3.UL規格の対象は、材料、装置、部品、製品等です。
 4.UL規格の目的は、機能、安全性の標準化となり
  ます。
 5.ULの前身は、Underwriters Laboratories。





↑クリックすると拡大します。


2. ULの歴史

02 ULの歴史(解説)
 1.ULの歴史について、説明して行きます。
 2.ULの歴史は、以下の通りです。
  ・1894年 初回、製品試験
  ・1901年 UL設立
  ・1903年 初のUL規格を発行
  ・1929年 特殊な試験所を建設
 3.ULはアメリカのシカゴで設立され、創業者は
  ウィリアム・ヘンリー・メリル(William Henry Merrill)です。




↑クリックすると拡大します。


3. ULの対象製品

03 ULの対象製品(解説)
 1. ULの対象製品について、説明して行きます。
 2. ULの対象製品は、以下の通りです。
  ・電気機器/産業機器
  ・機械類全般
  ・自動車部品
  ・化学物質
  ・人命救助関連製品
 3.近年では、製品の安全性に加え、環境不可も問われ
  て来ています。



↑クリックすると拡大します。


4. ULの規格認証

04 ULの規格認証(解説)
 1.ULの規格認証について、説明して行きます。
 2.ULの規格認証は、以下の手順で行います。
 3.製品試験
  ・製品をULで試験し、UL規格に合格したら、
   次の初回ロット試験に進む。
 4.初回ロット試験
  ・工場で量産品をサンプリングし、そのサンプルを
   ULで評価し、合格ならUL製品として認証。




↑クリックすると拡大します。

5.工場調査
 ・4回/年の頻度で調査が実施される。
 ・サンプルをULで評価し、合格なら認証が継続される。


5. ULのマーク

05 ULのマーク(解説)
 1.ULのマークについて、説明して行きます。
 2.ULのマークは、下記の3種類が代表的です。
 3.リスティング・マーク
  ・一般的に最終製品につけられるマークで、その
   製品サンプルがUL安全規格に基づいた試験を
   受け、ULの要求事項を満たしている場合に使用
   が許可されるマークです。





↑クリックすると拡大します。

4.レコグナイズド・コンポーネント・マーク
 ・単体では機能しない、あるいはその機能が制限されているコンポーネント(部品・材料)に対する
  ULの認証マークです。
5.クラシフィケーション・マーク
 ・製品固有の性質を検査し、特定条件下での使用が可能かどうか、また予測可能な事故に耐えうるか
  どうかを評価、認証されたことを示すマークです。


品質管理ソフトは、下記をクリックして下さい。
本館:エクセル将棋館(品質管理ソフト)

information

姉妹サイトは、下記アイコンを
クリックして下さい。


本館:エクセル将棋館
本館:エクセル将棋館

別館:エクセル株式館 別館:エクセル株式館

スポンサード リンク