本文へスキップ

品質管理はデータに始まり、データで終わります。

  1. トップ>
  2. 相関・回帰>
  3. 分散分析と寄与率

分散分析と寄与率anova and contribution


(目次)

 1. 分散分析による回帰式の評価
 2. 寄与率R2による回帰式の評価

1. 分散分析による回帰式の評価

01 分散分析による回帰式の評価(解説)
 1.分散分析による回帰式の評価について、説明して
  行きます。
 2.回帰式の評価は、分散分析又は寄与率Rで可能
  です。
 3.分散分析では、全変動を回帰変動と誤差変動に
  分けて解析を行います。
 4.数式で表現すると、以下の通りとなります。
  ・S=S+S
 5.左図の様な分散分析表を作成しF比を求め、F検定
  にて判断します。


↑クリックすると拡大します。


2. 寄与率R2による回帰式の評価

02 寄与率R2による回帰式の評価(解説)
 1.寄与率Rによる回帰式の評価について、説明して
  行きます。
 2.回帰式の評価は、分散分析又は寄与率Rで可能
  です。
 3.寄与率Rは、以下の数式により算出できます。
  ・R=S/S
 4.左図の様に、Sxy、Sxx、Syyからも求め
  られます。
 5.例えば、寄与率R=70%となった場合、
  「要因xの影響が70%有る」と判断できます。


↑クリックすると拡大します。


品質管理ソフトは、下記をクリックして下さい。
本館:エクセル将棋館(品質管理ソフト)

information

姉妹サイトは、下記アイコンを
クリックして下さい。


本館:エクセル将棋館
本館:エクセル将棋館

別館:エクセル株式館 別館:エクセル株式館

スポンサード リンク