本文へスキップ
  1. トップページ>
  2. Tips>
  3. ホームページの表示が遅い、表示速度を測定するツール

Tipstips

備忘録として、主にパソコン関係のTipsを記載して行きます。


新着情報
Access2010、最新のレコードを安定して取得する方法
Windows10、マッハドライブはアンイストールすべき
パソコンの動作が遅い、SSDによる高速化2
Netflix、解像度が低い時の対処方法
Access2010、定義XMLによるスキーマの確認が失敗する時の対処方法

ホームページの表示が遅い、表示速度を測定するツール

ホームページを作成していると、表示が遅いと感じる場合があります。
表示が遅いと、せっかく訪れて頂いた往訪者が直帰してしまう原因になります。
これは、ホームページの作成者と往訪者の両方にデメリットとなります。

以下、ホームページの表示が遅い、ホームページの表示速度を測定するツールを記載して行きます。

(項目1)
 ・下記の測定ツールはインストール不要で、手軽にホームページの表示速度を測定できます。
  名称: GTmetrix
  種類: Webアプリ
  言語: 英語

(項目2)
 ・以下、使用方法について記載して行きます。
 ・GTmetrixにアクセスします。
 ・下記の画面が表示されます。
  

 ・ホームページの表示速度を測定したいURLを入力します。
 ・GO!を押します。

(項目3)
 ・結果、下記の様にホームページの表示速度が測定できます。
  

(項目4)
 ・測定結果には、SummaryとBreakdownが表示されます。
 ・Summary  : 測定結果の概要が表示されます。
 ・Breakdown: 測定結果の詳細が表示されます。

(項目5)
 ・Summaryには、下記の3つの項目が表示されます。
  Page Speed Grade: A〜F評価、%は高い方が良い。(Googleの測定ツール)
  YSlow Grade     : A〜F評価、%は高い方が良い。(Yahooの測定ツール)
  Page load time  : ページの表示時間です。(4秒より長いと悪い)

(項目6)
 ・Breakdownには、下記の4つの項目が表示されます。

  Page Speed: 詳細な測定結果が表示されます。(Googleの測定ツール)
  

  YSlow     : 詳細な測定結果が表示されます。(Yahooの測定ツール)
  

  Timeline  : パーツ毎に表示時間が表示されます。
  

  History   : 測定日とページ表示時間のグラフが表示されます。
  

(項目7)
 ・以上で、ホームページの表示が遅い、ホームページの表示速度を測定するツールは終了です。



contents

エクセル将棋館

日本国

地方都市

e−mail(e−mail


スポンサード リンク