本文へスキップ
  1. トップページ>
  2. Tips>
  3. Access2010、抽出条件で空白を使用する方法

Tipstips

備忘録として、主にパソコン関係のTipsを記載して行きます。


新着情報
Access2010、最新のレコードを安定して取得する方法
Windows10、マッハドライブはアンイストールすべき
パソコンの動作が遅い、SSDによる高速化2
Netflix、解像度が低い時の対処方法
Access2010、定義XMLによるスキーマの確認が失敗する時の対処方法

Access2010、抽出条件で空白を使用する方法

Access2010は、手頃な価格で高機能のデータベースを簡単に作成できるソフトです。
Access2010にはオブジェクトとして、テーブル、クエリ、フォーム、レポート、マクロ、
モジュール(VBA)が有ります。

この中でクエリが特に重要で、テーブル操作、データ抽出、データ演算などを行います。
クエリでデータ抽出を実行するには、抽出条件を決める必要があります。
抽出条件は色々な関数も使用でき大変便利ですが、適切な関数を選択する事が重要となります。

以下、Access2010、抽出条件で空白を使用する方法を記載して行きます。

(項目1)
 ・クエリの抽出条件は、フォームの入力項目と連動させると大変便利になります。
 ・抽出条件と入力項目が一致すると、データ抽出が行われます。

(項目2)
 ・複数の抽出条件によるデータ抽出の場合は、ある項目での抽出条件を無くしたい時が有ります。
 ・この場合に入力項目を空白にすると、データ抽出でデータが一つも出て来なくなります。

(項目3)
 ・入力項目を空白にして、ある項目の抽出条件を無くす方法が有ります。
 ・帳票というフォームに、製品名という入力項目があるとします。
 ・この場合には、Nz関数とLike演算子を抽出条件に使います。
  Like Nz([Forms]![帳票]![製品名],"*")

(項目4)
 ・Nz([Forms]![帳票]![製品名],"*")は、製品名が空白の場合には「*」を出力します。
 ・従って、Like *となります。
 ・Like *では、全てのデータが抽出されます。

(項目5)
 ・以上で、Access2010、抽出条件で空白を使用する方法は終了です。


(参考URL)
 ・クエリの抽出条件でIIf関数を使用したとき、抽出条件指定なしの方法



contents

エクセル将棋館

日本国

地方都市

e−mail(e−mail


スポンサード リンク