本文へスキップ
  1. トップページ>
  2. Tips>
  3. Access2010、直近データを抽出する方法

Tipstips

備忘録として、主にパソコン関係のTipsを記載して行きます。


新着情報
Access2010、最新のレコードを安定して取得する方法
Windows10、マッハドライブはアンイストールすべき
パソコンの動作が遅い、SSDによる高速化2
Netflix、解像度が低い時の対処方法
Access2010、定義XMLによるスキーマの確認が失敗する時の対処方法

Access2010、直近データを抽出する方法

Access2010は、手頃な価格で高機能のデータベースを簡単に作成できるソフトです。
Access2010にはオブジェクトとして、テーブル、クエリ、フォーム、レポート、マクロ、
モジュール(VBA)が有ります。

この中でクエリが特に重要で、テーブル操作、データ抽出、データ演算などを行います。
クエリでデータ抽出を実行するには、抽出条件を決める必要があります。
抽出条件は色々な関数も使用でき大変便利ですが、適切な関数を選択する事が重要となります。

以下、Access2010、直近データを抽出する方法を記載して行きます。

(項目1)
 ・クエリで期間を抽出条件に設定すると、その期間のデータが抽出が出来て大変便利です。
 ・抽出条件の期間は、固定にするかフォームから入力する必要が有ります。

(項目2)
 ・期間で抽出する場合、直近データが欲しい場合があります。
 ・例えば、過去1ヶ月間のデータから直近7日間のデータが必要な時です。
 ・この場合は、抽出条件の期間を今日から6日前に設定する必要が有りますが、いちいちフォームから
  入力するには手間となります。

(項目3)
 ・上記の場合には、SELECT TOP N * FROM 構文が有用です。
 ・これはデータから上位N個を抽出する方法です。

(項目4)
 ・下記のテーブル(T_天候)で説明して行きます。
 ・このテーブルには、ID、日付、気温のデータが1ヶ月分有ります。
  

(項目5)
 ・クエリを作成してから、SQLビューを表示して下記の様に書き換えます。
  

 ・SELECT TOP 7 * FROM T_天候 ORDER BY 日付 DESC;

(項目6)
 ・クエリをデータシートビューに切り替えると、次に様に直近7日間のデータが表示できます。
  

(項目7)
 ・以上で、Access2010、直近データを抽出する方法は終了です。



contents

エクセル将棋館

日本国

地方都市

e−mail(e−mail


スポンサード リンク