本文へスキップ
  1. トップページ>
  2. Tips>
  3. Windows8.1、スリープから復帰できない原因

Tipstips

備忘録として、主にパソコン関係のTipsを記載して行きます。


新着情報
Access2010、最新のレコードを安定して取得する方法
Windows10、マッハドライブはアンイストールすべき
パソコンの動作が遅い、SSDによる高速化2
Netflix、解像度が低い時の対処方法
Access2010、定義XMLによるスキーマの確認が失敗する時の対処方法

Windows8.1、スリープから復帰できない原因

Windows8.1は、メトロUIが特徴的でタブレットPCには向いているOSと思います。
但し、シャットダウンで終了すると、起動するのに時間が掛かります。

終了方法には、この他にスリープが有ります。スリープは起動するまで数秒で済み、大変便利な機能です。
そこで終了方法をシャットダウンからスリープに変更して見ました。

しかし起動するとスリープから復帰できず、強制終了を選ぶしか方法は有りませんでした。
使用したパソコンは、下記のソフトを使用していました。

OS       : Windows8.1(32bit)

以下、Windows8.1、スリープから復帰できない原因と対策を記載して行きます。

(項目1)
 ・使用したパソコンは、Windows8からWindows8.1にアップグレードしたものです。
 ・Windows8では殆ど使用しなかったので、Windows8での挙動は不明です。

(項目2)
 ・シャットダウンで終了すると起動するのに時間が掛かるので、終了方法をスリープに変更して見ました。
 ・起動するとスリープから復帰できず、モニターが黒い状態でした。
 ・電源ボタン長押しによる強制終了しか方法は有りませんでした。

(項目3)
 ・Windows8.1の終了方法は、下記の4種類が有ります。
  シャットダウン   : 起動が遅い(評価×)
  スリープ      : 起動が速い(評価○)
  休止状態      : 起動が普通(評価△)
  ハイブリッドスリープ: 起動が速い(評価○)
 ・スリープと同程度に速いのは、ハイブリッドスリープです。

(項目4)
 ・上手く行く根拠は全く有りませんでしたが、終了方法をスリープからハイブリッドスリープに変更して
  見ました。
 ・すると、全く問題が無く、数秒で起動しました。
 ・その後に何回もスリープを行いましたが、不具合は発生しませんでした。

(項目5)
 ・終了方法をスリープからハイブリッドスリープに変更する方法は、以下の通りです。
 ・コントロール パネル → ハードウェアとサウンド → 電源オプション → プラン設定の変更 →
  詳細な電源設定の変更 → スリープ → ハイブリッドスリープを許可する を選択します。
 ・デフォルトでは、下記の様になっています。
  バッテリ駆動: オフ
  電源に接続 : オフ
 ・設定を下記の様に変更します。
  バッテリ駆動: オン
  電源に接続 : オン
 ・適用 → OK を押します。

(項目6)
 ・スリープから復帰できない原因は不明でしたが、スリープからハイブリッドスリープに変更する事で正常に
  復帰できる様になりました。


(項目7)
 ・以上で、Windows8.1、スリープから復帰できない原因と対策は終了です。



contents

エクセル将棋館

日本国

地方都市

e−mail(e−mail


スポンサード リンク