本文へスキップ
  1. トップページ>
  2. Tips>
  3. Firefox、USBメモリで高速化する方法

Tipstips

備忘録として、主にパソコン関係のTipsを記載して行きます。


新着情報
Access2010、最新のレコードを安定して取得する方法
Windows10、マッハドライブはアンイストールすべき
パソコンの動作が遅い、SSDによる高速化2
Netflix、解像度が低い時の対処方法
Access2010、定義XMLによるスキーマの確認が失敗する時の対処方法

Firefox、USBメモリで高速化する方法

Firefoxは、Mozillaが無料で提供しているオープンソース製品です。
色々なアドオンが開発され、これらを組み込むとより使い易いブラウザとなります。

しかし、パソコンの性能によっては、Firefoxの動作が遅い場合が有ります。
使用したパソコンは、下記のソフトを使用していました。

OS       : Windows8.1(32bit)
ブラウザ     : Firefox

以下、Firefox、USBメモリで高速化する方法を記載して行きます。

(項目1)
 ・Firefoxでネットサーフィンを行っていた所、ベージの読み込みが遅い場合がありました。
  使用したFirefoxは、バージョン33.1.1でした。
  ベージの読み込みが遅いと快適なネットサーフィンが出来なくなります。

(項目2)
 ・インターネットで、「Firefox+高速化」を調べると、
  Webブラウザのキャッシュ移動方法 - IE,Firefox,Opera編 - 道すがら講堂が見つかりました。
 ・原因は、「キャッシュをハードディスクに書き込んでいる」との事でした。

(項目3)
 ・上記の対策は、「キャッシュを高速なドライブに移す事」との事でした。
 ・高速なドライブで手軽に使用できる物に、USBメモリが有ります。
 ・以下、USBメモリで高速化する方法について説明して行きます。

(項目4)
 ・左上のアドレスバーに、「about:config」と入力します。
  

 ・すると下記の画面になりますので、「細心の注意を払って使用する」をクリックします。
  

 ・次に検索バーに、「browser.cache.disk.parent_directory」を入力します。
  

(項目5)
 ・「browser.cache.disk.parent_directory」が無い場合は、以下の手順です。
 ・空白部分を右クリック → 新規作成 → 文字列 を選択します。
  

 ・下記の様に、「browser.cache.disk.parent_directory」を入力し、OKを押します。
  

 ・次いで、USBメモリのキャッシュを保存する場所を指定します。
  

 ・最後に、Firefoxを再起動すれば完了です。

(項目6)
 ・「browser.cache.disk.parent_directory」が有る場合は、以下の手順です。
 ・検索バーに、「browser.cache.disk.parent_directory」を入力すると、下記の画面になります。
  

 ・当該の行を右クリック → 値の変更 を選択します。
  

 ・次いで、USBメモリのキャッシュを保存する場所を指定します。
  

 ・最後に、Firefoxを再起動すれば完了です。

(項目7)
 ・以上で、Firefox、USBメモリで高速化する方法は終了です。
 ・これで、ネットサーフィンのページの読み込み(2回目以降)が高速になります。



contents

エクセル将棋館

日本国

地方都市

e−mail(e−mail


スポンサード リンク