本文へスキップ
  1. トップページ>
  2. Tips>
  3. Lenovo Flex10、高パフォーマンス・モードで高速化する方法

Tipstips

備忘録として、主にパソコン関係のTipsを記載して行きます。


新着情報
Access2010、最新のレコードを安定して取得する方法
Windows10、マッハドライブはアンイストールすべき
パソコンの動作が遅い、SSDによる高速化2
Netflix、解像度が低い時の対処方法
Access2010、定義XMLによるスキーマの確認が失敗する時の対処方法

Lenovo Flex10、高パフォーマンス・モードで高速化する方法

Lenovo Flex10は、Microsoft Office Home and Business 2013を搭載した10.1型のモバイル
ノートPCです。持ち運びに便利で、コストパフォーマンスが良いのが特徴です。

しかし、ネットサーフィンを行っている時やフォルダを開く時などで、一瞬待たさせる様な感じが有りました。
度々、この現象が発生するので、ストレスを感じていました。そこで、Lenovo Flex10を高速化する
方法を検討しました。

以下、Lenovo Flex10、高パフォーマンス・モードで高速化する方法を記載して行きます。

(項目1)
 ・ネットサーフィンを行っている時やフォルダを開く時などで、一瞬待たさせる様な感じが有りました。
 ・そこで、タスクマネージャーでパフォーマンスの状況を見てみる事にしました。
 ・タスクバーを右クリック → タスクマネージャーをクリック → パフォーマンス を選択します。

(項目2)
 ・CPU、メモリ、ディスク、Wi−Fiを見ても、特に負荷が大きい箇所は有りませんでした。
 ・しかし、CPUの周波数が0.64GHzとなっている事に気が付きました。
 ・Lenovo Flex10のCPUはIntel Celeron N2810 @ 2.00GHzなので、周波数は2.00GHz
  になっていると思っていました。
  

(項目3)
 ・色々と調べて見ると、電源管理の設定でCPUの周波数が変わる事が分かりました。
 ・電源管理の設定は、Energy Managerで変更できます。
 ・デフォルトの設定では、CPUに負荷が掛かった場合に、CPUの周波数が上がる仕様となっていました。
 ・メーターの下にアイコンが4つ有りますが、これをクリックする事でモードを変更できます。
  

(項目4)
 ・モードには、下記の4種類が有ります。
  安定モード       : コンピューターを放置するか、ダウンロードを行う場合にお勧めのモード。
  省電力モード      : コンピューターを最低のパフォーマンス、最高の省電力状態で実行します。
  バランス・モード    : 自動的にパフォーマンスと電力消費のバランスを取ります。
  高パフォーマンス・モード: コンピューターをフル・パフォーマンスで実行します。

 ・高速化するには、高パフォーマンス・モードを選択します。
  

(項目5)
 ・高パフォーマンス・モードに設定すると、タスクマネージャーでパフォーマンスの状況は以下の様になり、
  CPUの周波数は、1.80GHzとなりました。
 ・これにより、ネットサーフィンを行っている時やフォルダを開く時などで、一瞬待たさせる様な感じが無く
  なりました。
  

(項目6)
 ・以上で、Lenovo Flex10、高パフォーマンス・モードで高速化する方法は終了です。



contents

エクセル将棋館

日本国

地方都市

e−mail(e−mail


スポンサード リンク