本文へスキップ
  1. トップページ>
  2. Tips>
  3. Windows7、レジストリエディターの使用方法

Tipstips

備忘録として、主にパソコン関係のTipsを記載して行きます。


新着情報
Access2010、最新のレコードを安定して取得する方法
Windows10、マッハドライブはアンイストールすべき
パソコンの動作が遅い、SSDによる高速化2
Netflix、解像度が低い時の対処方法
Access2010、定義XMLによるスキーマの確認が失敗する時の対処方法

Windows7、レジストリエディターの使用方法

Windows7は安定性が高く、スリープやハイブリッドスリープなど優れた機能が満載なOSです。
ユーザーアカウントを追加すれば、複数のユーザーが1つのパソコンで各々のユーザーの環境にて使用でき、
非常に便利です。

しかし、全ての設定を通常の操作で変更する事は出来ません。全ての設定を変更するには、レジストリエディター
を使う必要が有ります。レジストリエディターは大変便利ですが、使用方法を誤るとパソコンが起動しない等の
重大な障害が発生してしまいます。
パソコンは、下記のソフトを使用していました。

OS       : Windows7(64bit)

以下、Windows7、レジストリエディターの使用方法を記載して行きます。

(項目1)
 ・レジストリエディターは、下記の手順で起動します。
 ・スタートメニューをクリックして、プログラムとファイルの検索の箇所に「regedit」と入力します。
  

(項目2)
 ・下記の画面になりますので、Enterキーを押します。
  

(項目3)
 ・これで、レジストリエディターが起動します。
 ・ファイルから、インポート、エクスポートが可能です。
  

(項目4)
 ・レジストリエディターには、下記5つのフォルダーが有ります。
  HKEY_CLASSES_ROOT
  HKEY_CURRENT_USER
  HKEY_LOCAL_MACHINE
  HKEY_USERS
  HKEY_CURRENT_CONFIG
 ・設定を変えるには、HKEY_CURRENT_USERのレジストリを変更します。

(項目5)
 ・以上で、Windows7、レジストリエディターの使用方法は終了です。
 ・レジストリエディターの使用には、細心の注意を払って下さい。



contents

エクセル将棋館

日本国

地方都市

e−mail(e−mail


スポンサード リンク