<
本文へスキップ
  1. トップページ>
  2. Tips>
  3. Windows8.1、Tempフォルダ移動で高速化する方法

Tipstips

備忘録として、主にパソコン関係のTipsを記載して行きます。


新着情報
Access2010、最新のレコードを安定して取得する方法
Windows10、マッハドライブはアンイストールすべき
パソコンの動作が遅い、SSDによる高速化2
Netflix、解像度が低い時の対処方法
Access2010、定義XMLによるスキーマの確認が失敗する時の対処方法

Windows8.1、Tempフォルダ移動で高速化する方法

Windows8.1は、メトロUIが特徴的でタブレットPCには向いているOSと思います。

しかし、ハードウェアの性能によっては動作が遅い場合が有ります。高速化する方法として、ハードディスクの
アクセスが遅い場合は、TempフォルダをUSBメモリ等に移動する事が効果的です。
使用したパソコンは、下記のソフトを使用していました。

OS       : Windows8.1(32bit)

以下、Windows8.1、Tempフォルダ移動で高速化する方法を記載して行きます。

(項目1)
 ・Windows8.1は、ハードディスクのTempフォルダを使用しています。
 ・ハードディスクのアクセスが遅い場合は、Windows8.1の動作が遅くなります。
 ・高速化するには、TempフォルダをUSBメモリ等に移動する事が効果的です。

(項目2)
 ・Windows8.1のTempフォルダは、環境変数の設定で変更可能です。
 ・スタートメニュー → コントロールパネル → システムとセキュリティ → システム →
  システムの詳細設定 をクリックします。
 ・下記のタブで、環境変数をクリックします。
  

(項目3)
 ・ユーザー環境変数を下記の様に変更します。USBメモリ等を使用します。
 ・%USERPROFILE%\AppData\Local\Temp → E:\Temp_User
 (変更前)
  

 (変更後)
  

(項目4)
 ・システム環境変数を下記の様に変更します。USBメモリ等を使用します。
 ・%SystemRoot%\TEMP → E:\Temp_System
 (変更前)
  

 (変更後)
  

(項目5)
 ・ユーザー環境変数とシステム環境変数の設定を変更したら、OKを押します。
  

 ・次の画面になりますので、またOKを押します。
  

 ・最後にパソコンを再起動します。

(項目6)
 ・以上で、Windows8.1、Tempフォルダ移動で高速化する方法は終了です。
 ・上記の設定変更により、Windows8.1の動作が速くなる事が期待されます。



contents

エクセル将棋館

日本国

地方都市

e−mail(e−mail


スポンサード リンク