<
本文へスキップ
  1. トップページ>
  2. Tips>
  3. Windows8.1、ReadyBoostで高速化する方法

Tipstips

備忘録として、主にパソコン関係のTipsを記載して行きます。


新着情報
かんたん携帯9、メール操作が遅い時の対処方法
ホームページビルダー16、ページ切り替えを速くする方法
Excel2010、パスワード設定時にファイル名の後半が消える原因
Excel2010、ハイパーリンクにならない時の対処方法
Outlook2010、添付ファイルのパスワードが送れない場合の対処方法

Windows8.1、ReadyBoostで高速化する方法

Windows8.1は、メトロUIが特徴的でタブレットPCには向いているOSと思います。
また、パフォーマンスを向上させる為、SuperFetchと言うディスクキャッシュ・メインメモリ管理機能
が標準で搭載されています。

しかし、低速なハードディスクを使用していると、動作が遅い場合が有ります。そこで、Windows8.1に
標準で搭載されている、ReadyBoostを検討しました。
使用したパソコンは、下記のソフトを使用していました。

OS       : Windows8.1(32bit)

以下、Windows8.1、ReadyBoostで高速化する方法を記載して行きます。

(項目1)
 ・ReadyBoostは、Windows8.1に標準で搭載されている機能です。
 ・USBメモリ等の高速デバイスに、ハードディスクのキャッシュを作成し、読み込みの高速化を図ります。

(項目2)
 ・ReadyBoostの設定方法を記載して行きます。
 ・まず、USBメモリのプロパティを開きます。
 ・次に、ReadyBoostタブをクリックします。
  

(項目3)
 ・「このデバイスを使用する」をクリックします。
  

(項目4)
 ・「OK」を押します。これで、設定は完了です。
  

(項目5)
 ・以上で、Windows8.1、ReadyBoostで高速化する方法は終了です。



contents

エクセル将棋館

日本国

地方都市

e−mail(e−mail


スポンサード リンク