<
本文へスキップ
  1. トップページ>
  2. Tips>
  3. Windows8.1、イベントビューアーの使用方法

Tipstips

備忘録として、主にパソコン関係のTipsを記載して行きます。


新着情報
Access2010、最新のレコードを安定して取得する方法
Windows10、マッハドライブはアンイストールすべき
パソコンの動作が遅い、SSDによる高速化2
Netflix、解像度が低い時の対処方法
Access2010、定義XMLによるスキーマの確認が失敗する時の対処方法

Windows8.1、イベントビューアーの使用方法

Windows8.1は、メトロUIが特徴的でタブレットPCには向いているOSと思います。
また、パソコンのエラーを調べるツールとして、イベントビューアーが標準で搭載されています。

しかし、イベントビューアーの起動方法や使用方法が良く分かりませんでした。
使用したパソコンは、下記のソフトを使用していました。

OS       : Windows8.1(32bit)

以下、Windows8.1、イベントビューアーの使用方法を記載して行きます。

(項目1)
 ・イベントビューアーの起動方法や使用方法を、色々と調べて見ました。
 ・まず起動方法ですが、コントロールパネルを開き、システムとセキュリティをクリックします。
  

(項目2)
 ・次に、管理ツールのイベントログの表示をクリックします。
  

(項目3)
 ・すると、イベントビューアー(ローカル)が開き、イベントビューアーの概要および要約が表示されます。
 ・管理イベントの要約には、重大、エラー、警告、情報などが分かり易く記載されています。
  

(項目4)
 ・画面左のカスタムビューを展開し、管理イベントをクリックすると、イベントの一覧が表示されます。
 ・項目は、レベル、日付と時刻、ソース、イベントID、タスクのカテゴリとなります。
 ・イベントの行を選択すると、そのイベントの内容が下に表示されます。
  

(項目5)
 ・イベントの内容は、全般と詳細を切り替える事が可能です。
 ・詳細を選択すると、SystemとEventsDataが表示されます。
  

(項目6)
 ・そして、Systemを展開すると、更に詳しい内容が見れます。
  

(項目7)
 ・また、画面左の項目を展開すると、色々な情報を得る事が出来ます。
  

(項目8)
 ・以上で、Windows8.1、イベントビューアーの使用方法は終了です。



contents

エクセル将棋館

日本国

地方都市

e−mail(e−mail


スポンサード リンク