本文へスキップ
  1. トップページ>
  2. Tips>
  3. Windows10、スタートメニューをWin7風にする方法

Tipstips

備忘録として、主にパソコン関係のTipsを記載して行きます。


新着情報
Access2010、最新のレコードを安定して取得する方法
Windows10、マッハドライブはアンイストールすべき
パソコンの動作が遅い、SSDによる高速化2
Netflix、解像度が低い時の対処方法
Access2010、定義XMLによるスキーマの確認が失敗する時の対処方法

Windows10、スタートメニューをWin7風にする方法

Windows10はWindowsの最後のバージョンであり、インストールされているパソコンは永久に
使用できるのが特徴です。

しかし、最初にリリースされたビルド 10240では、スタートメニューが復活したものの使い難い状態でした。
パソコンは、下記のソフトを使用していました。

OS       : Windows10(32bit)ビルド 10240

以下、Windows10、スタートメニューをWin7風にする方法を記載して行きます。

(項目1)
 ・Windows10(32bit)ビルド 10240をインストールして見ました。
 ・下図の様に、スタートメニューが復活したものの使い難い状態でした。
  

(項目2)
 ・インターネットで色々と調査した所、「Classic Shellを使用すれば良い」との情報が得られました。
 ・早速、Classic Shell v4.2.4をインストールして見ました。
 ・すると、下図の様にスタートメニューがWin7風になりました。
 ・

(項目3)
 ・しかし、初期設定では、コントロールパネルがカテゴリ表示にはなりませんでした。
  

(項目4)
 ・コントロールパネルをカテゴリ表示にするには、設定を2箇所変更します。
 ・まず、スタートメニューのカスタマイズで、コントロールパネルを下記の様に変更します。
  メニューとして表示する→リンクとして表示する
  

 ・次に、メインメニューで、「コントロールパネルにカテゴリ・ビューを表示する」にチェックを入れます。
  

(項目5)
 ・最後に、コントロールパネルを表示してみます。
  

 ・下図の様に、コントロールパネルがカテゴリ表示になりました。
  

(項目6)
 ・以上で、Windows10、スタートメニューをWin7風にする方法は終了です。



contents

エクセル将棋館

日本国

地方都市

e−mail(e−mail


スポンサード リンク