本文へスキップ
  1. トップページ>
  2. Tips>
  3. Lenovo Flex10、マッハドライブによるSSDプチフリ対策

Tipstips

備忘録として、主にパソコン関係のTipsを記載して行きます。


新着情報
Access2010、最新のレコードを安定して取得する方法
Windows10、マッハドライブはアンイストールすべき
パソコンの動作が遅い、SSDによる高速化2
Netflix、解像度が低い時の対処方法
Access2010、定義XMLによるスキーマの確認が失敗する時の対処方法

Lenovo Flex10、マッハドライブによるSSDプチフリ対策

Lenovo Flex10は、Microsoft Office Home and Business 2013を搭載した10.1型のモバイル
ノートPCです。持ち運びに便利で、コストパフォーマンスが良いのが特徴です。

パソコンの動作が遅い為、記憶装置をHDDからSSDに換装しました。しかし、プチフリーズが発生し、十分な
性能が発揮できませんでした。そこで、マッハドライブによるSSDプチフリ対策を検討しました。

パソコン     : Lenovo Flex10
OS       : Windows10(32bit)ビルド 10240
SSD      : Crucial(2.5インチ、256GB、SATA3)

以下、 Lenovo Flex10、マッハドライブによるSSDプチフリ対策を記載して行きます。

(項目1)
 ・最初はプチフリーズ対策として、プチフリバスター Duo drive 5.0.1(試用版)を使っていましたが、
  ハイブリッドスリープでエラーが発生するので使用を中止しました。
 ・代替ソフトとして、マッハドライブによるSSDプチフリ対策を検討しました。

(項目2)
 ・マッハドライブ Ver.1.08をインストールして起動すると、下記の画面となります。
 ・最初に、オート設定をクリックします。
  

(項目3)
 ・次に、下記の画面となりますので、OKを押します。
  

(項目4)
 ・すると、ディスクアクセス最適化設定が終了しますので、OKを押します。
  

(項目5)
 ・設定を確認する為、カスタム設定をクリックします。
  

(項目6)
 ・オート設定では、バッファーサイズは256MBになっていました。
  

(項目7)
 ・メモリ使用率が高くなるので、バッファーサイズを128MBに変更しました。適用をクリックすると、
  変更が反映されます。
  

(項目8)
 ・以上で、Lenovo Flex10、マッハドライブによるSSDプチフリ対策は終了です。
 ・上記の対策で、プチフリーズが解消し、ネットサーフィン等もモッサリ感が減少しました。



contents

エクセル将棋館

日本国

地方都市

e−mail(e−mail


スポンサード リンク