本文へスキップ
  1. トップページ>
  2. Tips>
  3. パソコンの動作が不良、無線LAN中継機による通信速度の向上

Tipstips

備忘録として、主にパソコン関係のTipsを記載して行きます。


新着情報
Access2010、最新のレコードを安定して取得する方法
Windows10、マッハドライブはアンイストールすべき
パソコンの動作が遅い、SSDによる高速化2
Netflix、解像度が低い時の対処方法
Access2010、定義XMLによるスキーマの確認が失敗する時の対処方法

パソコンの動作が不良、無線LAN中継機による通信速度の向上

最近のノートPCは無線LANを搭載しており、有線LANと比べ配線が無いので大変便利です。
配線不要なので、電波の届く所なら何処でもノートPCを使用できます。

しかし、無線LANは有線LANより遅く、特に距離が離れている場合や障害物が有る場合は顕著となります。
そこで、無線LAN中継機による通信速度の向上を検討しました。
使用したパソコンは、下記の構成でした。

パソコン     : Lenovo G50
OS       : Windows8.1(64bit)

以下、パソコンの動作が不良、無線LAN中継機による通信速度の向上を記載して行きます。

(項目1)
 ・Lenovo G50で無線LANを使用していましたが、昼間に通信速度を測って見ました。
 ・すると、下図の様に、下り速度が30.71Mbpsでした。
 ・これが夜間になると、通信速度が大きく低下する場合があるので、不満を感じていました。
  

(項目2)
 ・無線LANの通信速度を改善する方法を色々と調べた結果、無線LAN中継機と言う物が有りました。
 ・バッファロー社の無線LAN中継機WEX−733Dを購入して、色々と試して見ました。
  

  

 ・バッファロー社の無線LAN中継機WEX−733Dは、コンセントに直接挿すタイプです。
  

(項目3)
 ・上記の状態で、通信速度を測って見ました。
 ・すると、下図の様に、下り速度が30.51Mbpsでした。
 ・中継機の有無で差が見られませんでした。
  

(項目4)
 ・ふとWEX−733Dを下から見ると、LANポートが有りました。
 ・これは、中継機とパソコンを接続する為の物でした。
  

 ・下図の様に、LANポートを使用して、中継機とG−50を接続して見ました。
  

(項目5)
 ・上記の状態で、通信速度を測って見ました。
 ・すると、下図の様に、下り速度が53.25Mbpsでした。
 ・中継機+LANポートで、1.75倍の通信速度が得られました。
  

(項目6)
 ・以上で、パソコンの動作が不良、無線LAN中継機による通信速度の向上は終了です。



contents

エクセル将棋館

日本国

地方都市

e−mail(e−mail


スポンサード リンク