本文へスキップ
  1. トップページ>
  2. Tips>
  3. Excel2010、VBAによるコピペで種々なエラーが発生する時の対策

Tipstips

備忘録として、主にパソコン関係のTipsを記載して行きます。


新着情報
Access2010、最新のレコードを安定して取得する方法
Windows10、マッハドライブはアンイストールすべき
パソコンの動作が遅い、SSDによる高速化2
Netflix、解像度が低い時の対処方法
Access2010、定義XMLによるスキーマの確認が失敗する時の対処方法

Excel2010、VBAによるコピペで種々なエラーが発生する時の対策

Excel2010は、手頃な価格で高機能な表計算ソフトです。
マクロを使用すると、色々な作業を自動化する事ができて、大変便利です。

しかし、VBAによるコピペで種々なエラーが発生する場合が有ります。使用したパソコンは、下記のソフトを
使用していました。

OS       : Windows10(64bit)ビルド 10586.218
表計算ソフト   : Excel2010(32bit)

以下、Excel2010、VBAによるコピペで種々なエラーが発生する時の対策を記載して行きます。

(項目1)
 ・VBAによるコピペで種々なエラーが発生する場合が有ります。
 ・エラーの内容は多岐に渡っており、実行時エラー '1004'「RangeクラスのPasteSpecialメソッドが失敗」
  一例として挙げられます。
 ・何れの場合も、貼り付け時にエラーが発生している様です。

(項目2)
 ・インターネットで調査して見ると、クリップボードからのpasteによる貼り付けが「高頻度に」失敗する
  が見つかりました。
 ・上記の情報によると、「貼り付けの直前に、DoEvents+Sleep 75+DoEventsを入れると良い」との事。

(項目3)
 ・コードを下記に示します。

  'ここで、コピー処理

  'エラー対策 ここから
  DoEvents
  Sleep (75)
  DoEvents
  'エラー対策 ここまで

  'ここで、貼り付け処理

(項目4)
 ・以上で、Excel2010、VBAによるコピペで種々なエラーが発生する時の対策は終了です。



contents

エクセル将棋館

日本国

地方都市

e−mail(e−mail


スポンサード リンク