本文へスキップ
  1. トップページ>
  2. Tips>
  3. Windows10、更新プログラムによる無線LANの不具合

Tipstips

備忘録として、主にパソコン関係のTipsを記載して行きます。


新着情報
Access2010、最新のレコードを安定して取得する方法
Windows10、マッハドライブはアンイストールすべき
パソコンの動作が遅い、SSDによる高速化2
Netflix、解像度が低い時の対処方法
Access2010、定義XMLによるスキーマの確認が失敗する時の対処方法

Windows10、更新プログラムによる無線LANの不具合

Windows10はWindowsの最後のバージョンであり、インストールされているパソコンは永久に
使用できるのが特徴です。

しかし、無線LANが突然使えなくなる不具合が発生しました。
パソコンは、下記のソフトを使用していました。

OS       : Windows10(64bit)バージョン1703(OSビルド 15063.608)

以下、Windows10、更新プログラムによる無線LANの不具合を記載して行きます。

(項目1)
 ・Windows10で、無線LANが突然使えなくなる不具合が発生しました。
 ・普通は無線LANのアイコンが有りますが、ネットワークのアイコンに変わり×印となりました。
  

 ・ネットワークと共有センターを見ると、アクティブなネットワークの表示の箇所は、「現在どのネットワーク
  にも接続していません。」となっていました。
  

(項目2)
 ・不具合発生の直前に行った作業は、更新プログラムの適用でした。
 ・更新プログラムの適用が原因と判断し、更新の履歴を調査しました。
 ・すると、KB4041676がインストールされていました。
  

(項目3)
 ・KB4041676をアンインストールすると、無線LANが正常になりました。
  

 ・ネットワークと共有センターを見ると、アクティブなネットワークの表示の箇所は、「Buffalo-A-xxxx」と
  なっていました。
  

(項目4)
 ・以上で、Windows10、更新プログラムによる無線LANの不具合は終了です。



contents

エクセル将棋館

日本国

地方都市

e−mail(e−mail


スポンサード リンク