本文へスキップ
  1. トップページ>
  2. Tips>
  3. Access2010、テーブルとクエリの使い方

Tipstips

備忘録として、主にパソコン関係のTipsを記載して行きます。


新着情報
Access2010、最新のレコードを安定して取得する方法
Windows10、マッハドライブはアンイストールすべき
パソコンの動作が遅い、SSDによる高速化2
Netflix、解像度が低い時の対処方法
Access2010、定義XMLによるスキーマの確認が失敗する時の対処方法

Access2010、テーブルとクエリの使い方

Access2010は、手頃な価格で高機能のデータベースを簡単に作成できるソフトです。
Access2010にはオブジェクトとして、テーブル、クエリ、フォーム、レポート、マクロ、
モジュール(VBA)が有ります。

Access2010の基本は、テーブルとクエリの使い方を学べば、大体は習得できます。

以下、Access2010、テーブルとクエリの使い方を記載して行きます。

(項目1)
 ・テーブルとクエリの定義は、以下の通りです。
  テーブル: 生データ
  クエリ : テーブルの生データを抽出又は集計した加工データ
 ・テーブルを以下に載せます。フィールドには、ID、番号、商品名、価格が有ります。
  

(項目2)
 ・テーブルを同じクエリを作成する方法を、記載して行きます。
 ・クエリをテーブルから作成しました。クエリのデザインは、以下の通りです。
 ・抽出、集計の設定は、行っていません。
  

 ・クエリを表示すると、以下の様になります。元のテーブルと同じです。
  

(項目3)
 ・クエリで抽出条件を指定する方法を、記載して行きます。
 ・クエリのデザインで、商品名の抽出条件に「牛丼」を指定しました。
  

 ・クエリを実行すると、商品名が「牛丼」のみが抽出されます。
  

(項目4)
 ・クエリで計算方法を指定する手順を、記載して行きます。
 ・クエリのデザインで、表を右クリックして集計を選択します。
 ・不要なフィールドを削除し、集計の行で計算方法を指定します。ここでは、平均を選択しました。
  

 ・クエリ実行すると、商品名毎に「価格の平均値」が計算されます。
  

(項目5)
 ・以上で、Access2010、テーブルとクエリの使い方は終了です。



contents

エクセル将棋館

日本国

地方都市

e−mail(e−mail


スポンサード リンク