本文へスキップ
  1. トップページ>
  2. VBA>
  3. VBA将棋、棋譜の更新

VBAvba

VBA関係の情報を色々を記載して行きます。


VBA将棋、棋譜の更新

将棋では棋譜による記録が重要です。ここではVBAによる文字列変換を説明して行きます。

Sub M01_メイン画面()

  '筋、段、駒の種類を設定(例:7七歩)
  koma2 = StrConv(CStr(Cells(2, C)), vbWide) & Cells(R, 13) & koma1

  '持ち駒を選んだ場合は、「0〇」+「駒の種類」と設定(例:0〇歩)
  If C = 1 Or C = 14 Then
   koma2 = "0〇" + koma1
  End If

End Sub

筋はCells(2, C)、段はCells(R, 13)、駒の種類はkoma1より情報を取得します。
筋の情報=Cells(2, C)は数値なので、CStr関数を用いて数値を文字列に変換します。
次にStrConv関数を使用して、半角から全角に変えます。そして文字列を結合します。

持ち駒を選んだかを判断するには、アクティブセルの列を調べます。
C=1 又は C=14 の時は、持ち駒を選んだと判断します。
次に、駒の種類はkoma1より情報を取得します。そして文字列を結合します。


contents

エクセル将棋館

日本国

地方都市

e−mail(e−mail


スポンサード リンク