本文へスキップ
  1. トップページ>
  2. VBA>
  3. VBA基礎、データ型変数

VBAvba

VBA関係の情報を色々を記載して行きます。


VBA基礎、データ型変数

(項目1)
 ・マクロでは、色々な変数を使用できます。
 ・本ページでは、データ型変数を説明します。
 ・データ型変数は、VBAコードを記述する時に必ずと言っても良い程に使用します。
 ・以下、Excel2016で説明して行きます。

(項目2)
 ・データ型変数は、大きく分けて10種類有ります。
  型名    : 型指定文字   、 格納できるデータ
  ブール型  : Boolean 、 TrueまたはFalse
  バイト型  : Byte    、 0〜255
  整数型   : Integer 、 -32,768〜32,767
  長整数型  : Long    、 -2,147,483,648〜2,147,483,647
  通貨型   : Currency、 -922,337,203,685,477.5808 〜 922,337,203,685,477.5807
  単精度浮動 : Single  、 負の値:約-3.4×10(38乗)〜-1.4×10(-45乗)
  小数点数型             正の値:約1.4×10(-45乗)〜1.8×10(38乗)
  倍精度浮動 : Double  、 負の値:約-1.8×10(308乗)〜-4.0×10(-324乗)
  小数点数型             正の値:約4.9×10(-324乗)〜1.8×10(308乗)
  日付型   : Date    、 日付:西暦100年1月1日〜西暦9999年12月31日
                    時刻:0:00:00 〜 23:59:59
  文字列型  : String  、 任意の長さの文字列
  バリアント型: Variant 、 すべてのデータ

(項目3)
 ・以上で、VBA基礎、データ型変数は終了です。


contents

エクセル将棋館

日本国

地方都市

e−mail(e−mail


スポンサード リンク