本文へスキップ
  1. トップページ>
  2. VBA>
  3. VBA基礎、配列型変数

VBAvba

VBA関係の情報を色々を記載して行きます。


VBA基礎、配列型変数

(項目1)
 ・マクロでは、色々な変数を使用できます。
 ・本ページでは、配列型変数を説明します。
 ・配列型変数は、1つの変数に複数の値を格納できるのが特徴です。
 ・以下、Excel2016で説明して行きます。

(項目2)
 ・配列型変数は、1つの変数に要素を割り当て、要素で特定した変数に値を格納します。
 ・要素を10にすると、実際には一つ多い10+1=11まで割り当て出来ます。
 ・要素は、1次から多次まで使用できます。
  1次配列 : x(10)   、 x(0)〜x(10)      と11要素を割り当て出来ます。
  2次配列 : y(10,10)、 y(0,0)〜y(10,10) と121要素を割り当て出来ます。

(項目3)
 ・配列型変数は、Dimで宣言します。
  Dim x(10) As String
  x(0)="牛丼"
  x(1)="カツ丼"
  x(2)="天丼"

(項目4)
 ・以上で、VBA基礎、配列型変数は終了です。


contents

エクセル将棋館

日本国

地方都市

e−maile−mail


スポンサード リンク