本文へスキップ
  1. トップページ>
  2. VBA>
  3. VBA基礎、Functionプロシージャ

VBAvba

VBA関係の情報を色々を記載して行きます。


VBA基礎、Functionプロシージャ

(項目1)
 ・マクロの最小単位は、プロシージャです。プロシージャには、SubプロシージャとFunction
  プロシージャの2つが有ります。
 ・本ページでは、Functionプロシージャを説明します。
 ・Functionプロシージャは、戻り値(処理した結果)を返します。
 ・以下、Excel2016で説明して行きます。

(項目2)
 ・Functionプロシージャは、戻り値(処理した結果)を返します。
 ・Functionプロシージャの基本形は、下記の通りです。
 ・下記の例では、myCalcを関数として使用できます。

  Function myCalc(x As Long,y As Long) As Long
    ’処理
    myCalc=戻り値(処理した結果)
  End Function

(項目3)
 ・VBAコードは、以下の記述となります。

  Sub test()
    Dim x As Long
    Dim y As Long
    Dim z As Long
    x=1
    y=2
    z=myCalc(x,y)
    MsgBox(x & "+" & y & "=" & z)
  End Sub

  Function myCalc(x As Long,y As Long) As Long
    Dim z As Long
    z=x+y
    myCalc=z
  End Function

(項目4)
 ・以上で、VBA基礎、Functionプロシージャは終了です。


contents

エクセル将棋館

日本国

地方都市

e−maile−mail


スポンサード リンク