本文へスキップ
  1. トップページ>
  2. VBA>
  3. VBA基礎、エラー処理の方法

VBAvba

VBA関係の情報を色々を記載して行きます。


VBA基礎、エラー処理の方法

(項目1)
 ・マクロはエラーが発生すると、停止してしまいます。
 ・本ページでは、エラー処理の方法を説明します。
 ・On Error構文を使用すると、エラー処理が可能となります。
 ・以下、Excel2016で説明して行きます。

(項目2)
 ・On Error構文を使用すると、エラー処理が可能となります。
 ・On Error構文の基本形は、下記の通りです。

  On Error GoTo LABEL1

(項目3)
 ・VBAコードは、以下の記述となります。

  Sub test()
    Dim buf As Long
    On Error GoTo LABEL 1
    buf="a"
    Exit Sub
  LABEL 1:
    MsgBox ("実行時エラー:" & Err.Number & " " & Err.Description)
  End Sub

(項目4)
 ・以上で、VBA基礎、エラー処理の方法は終了です。


contents

エクセル将棋館

日本国

地方都市

e−maile−mail


スポンサード リンク