本文へスキップ
  1. トップページ>
  2. VBA>
  3. VBA応用、ブック操作

VBAvba

VBA関係の情報を色々を記載して行きます。


VBA応用、ブック操作

(項目1)
 ・エクセルでは、エクセルファイルをブックと呼びます。
 ・本ページでは、ブック操作を説明します。
 ・以下、Excel2016で説明して行きます。

(項目2)
 ・代表的なブック操作は、以下の通りです。
  開く      : Open
  閉じる     : Close
  上書き保存   : Save
  名前を付けて保存: SaveAs
  コピーを保存  : SaveCopyAs
  新規作成    : NewBookMake

 ・ブックの指定方法として、ThisWorkbookAcitveWorkbookが有ります。
  ThisWorkbook : そのマクロを記述しているブック
  AcitveWorkbook: 現在アクティブになっているブック

 ・ThisWorkbookの使い方の代表例は、以下の通りです。
  ThisWorkbook.Name : ブックの名前を知る時に使用
  ThisWorkbook.Pass  : ブックのパスを知る時に使用
  ThisWorkbook.Activate: ブックをアクティブにする時に使用

(項目3)
 ・VBAコードは、以下の記述となります。

  Sub test()
    Workbooks.Open "C:\Book1.xlsx"
    Workbooks("Book1.xlsx").Close
    ActiveWorkbook.Save
    ActiveWorkbook.SaveAs Filename:="c:\Book1.xlsx"
    ActiveWorkbook.SaveCopyAs Filename:="c:\Book1.xlsx"
    NewBookMake "c:\Book1.xlsx"
  End Sub

 ・注意事項として、ブックの拡張子(.xlsx等)は、Windowsのフォルダーオプションによってはエラー
  になる場合が有るので、必ず付けましょう。
  ○ Workbooks.Open "C:\Book1.xlsx"
  × Workbooks.Open "C:\Book1"

(項目4)
 ・以上で、VBA応用、ブック操作は終了です。


contents

エクセル将棋館

日本国

地方都市

e−maile−mail


スポンサード リンク