本文へスキップ
  1. トップページ>
  2. VBA>
  3. VBA応用、テキストファイル操作

VBAvba

VBA関係の情報を色々を記載して行きます。


VBA応用、テキストファイル操作

(項目1)
 ・エクセルでは、テキストファイルのデータ読み書きが可能です。
 ・本ページでは、テキストファイル操作を説明します。
 ・以下、Excel2016で説明して行きます。

(項目2)
 ・代表的なテキストファイル操作は、以下の通りです。
  読み書き用に開く: Open "C:\Sample\Data.txt" For Input As #1
  書き込み用に開く: Open "C:\Sample\Data.txt" For Output As #1
            Open "C:\Sample\Data.txt "For Append As #1
  読み込み    : Line Input
  書き込み    : Print
  閉じる     : Close

 ・Output、Appendの違いは、以下の通りです。
  Output    : 新規で書き込み(以前のデータは無くなります)
  Append    : 追加で書き込み(以前のデータの最後に追加されます)

(項目3)
 ・VBAコードは、以下の記述となります。
 ・尚、Office TANAKA - Excel VBA講座:ファイルの操作[テキストファイルを操作する]を参考に、
  VBAコードを記述しています。

  '読み込み
  Sub test1()
    Dim buf As String
    Dim n As Long
    Open "C:\Sample\Data.txt" For Input As #1
    Do Until EOF(1)
      Line Input #1, buf
      n = n + 1
      Cells(n, 1) = buf
    Loop
    Close #1
  End Sub

  '新規で書き込み
  Sub test2()
    Open "C:\Sample\Data.txt" For Output As #1
    Print #1, "エクセル将棋館"
    Close #1
  End Sub

  '追加で書き込み
  Sub test3()
    Open "C:\Sample\Data.txt" For Append As #1
    Print #1, "エクセル将棋館"
    Close #1
  End Sub

(項目4)
 ・以上で、VBA応用、テキストファイル操作は終了です。


contents

エクセル将棋館

日本国

地方都市

e−mail(e−mail


スポンサード リンク