本文へスキップ
  1. トップページ>
  2. VBA>
  3. VBA応用、CSVファイル操作

VBAvba

VBA関係の情報を色々を記載して行きます。


VBA応用、CSVファイル操作

(項目1)
 ・エクセルでは、CSVファイルのデータ読み書きが可能です。
 ・本ページでは、CSVファイル操作を説明します。
 ・以下、Excel2016で説明して行きます。

(項目2)
 ・代表的なCSVファイル操作は、以下の通りです。
  名前を付けて保存: ActiveWorkbook.SaveAs
  開く      : Workbooks.OpenText

(項目3)
 ・VBAコードは、以下の記述となります。

  '名前を付けて保存
  Sub test1()
    ChDir "C:\Users\name1\Desktop"
    ActiveWorkbook.SaveAs Filename:="C:\Users\name1\Desktop\vba043-s.csv", _
    FileFormat:=xlCSVUTF8, CreateBackup:=False

  End Sub

  '開く
  Sub test2()
    Workbooks.OpenText Filename:="C:\Users\name1\Desktop\vba043-s.csv", Origin:= _
    65001, StartRow:=1, DataType:=xlDelimited, TextQualifier:=xlDoubleQuote, _
    ConsecutiveDelimiter:=False, Tab:=False, Semicolon:=False, Comma:=True _
    , Space:=False, Other:=False, FieldInfo:=Array(Array(1, 1), Array(2, 1), _
    Array(3, 1), Array(4, 1)), TrailingMinusNumbers:=True
  End Sub

(項目4)
 ・以上で、VBA応用、CSVファイル操作は終了です。


contents

エクセル将棋館

日本国

地方都市

e−mail(e−mail


スポンサード リンク