本文へスキップ

品質管理はデータに始まり、データで終わります。

  

本館:エクセル将棋館 別館:エクセル株式館

  1. トップ>
  2. 統計的手法>
  3. t検定

t検定t test


(目次)

 1. t検定とは
 2. 一群の平均値
 3. 二群の平均値の差(等分散)
 4. 二群の平均値の差(非等分散)
 5. 二群の平均値の差(対応あり)
 6. 検定方法と棄却域

1. t検定とは

01 t検定とは

(解説)
 1.代表的な統計的検定は、u検定、t検定、F検定、
  カイ2乗検定の4種類が有ります。
 2.検定する目的で方法が異なるます。
  ・対象の母数は何か?(μ、σ2
  ・群の数は幾つか? (1つ、2つ)
  ・群の分散は?   (既知、未知)
 3.t検定は、平均値の検定です。平均値の分布が
  t分布に従う事を利用します。




↑クリックすると拡大します。

4.スチューデント(Student)のt検定が有名で、ウィリアム・シーリー・ゴセット(Willi
 am Sealy Gosset)が開発した手法です。また、ウェルチ(Welch)のt検定も
 有ります。


2. 一群の平均値

02 一群の平均値

(解説)
 1.一群の平均値について、説明して行きます。
 2.1つ母集団のσが未知で、平均値の変化について
  検定する方法です。
  スチューデント(Student)のt検定を使用
  します。
 3.具体的事例は、下記の通りです。
  ・製品の寸法の平均値は変わったか?
  ・製品の寸法の平均値は大きくなったか?
  ・製品の寸法の平均値は小さくなったか?



↑クリックすると拡大します。

4.検定手順を記載して行きます。
 ・仮説の設定: 両側、上側、下側の何れかを設定する。
 ・有意水準 : 一般的にはα=0.05(危険率5%)とする。
         慎重な判断を行いたい場合は、α=0.01(危険率1%)を用いる。
 ・検定統計量: t(上式を参照)
 ・棄却域  : R(上式を参照、両側、上側、下側で異なる)
 ・統計量計算: tを計算する。
 ・判定   : 棄却域と統計量計算を比較し、帰無仮説Hの採否を決定する。
5.エクセル関数
 ・有りません。


3. 二群の平均値の差(等分散)

03 二群の平均値の差(等分散)

(解説)
 1.二群の平均値の差(等分散)について、説明して
  行きます。
 2.2つ母集団のσが未知で、平均値の差について
  検定する方法です。
  スチューデント(Student)のt検定を使用
  します。
 3.具体的事例は、下記の通りです。
  ・製品1と製品2の寸法の平均値は異なるのか?
  ・製品1は製品2より寸法の平均値が大きいのか?
  ・製品1は製品2より寸法の平均値が小さいのか?


↑クリックすると拡大します。

4.検定手順を記載して行きます。
 ・仮説の設定: 両側、上側、下側の何れかを設定する。
 ・有意水準 : 一般的にはα=0.05(危険率5%)とする。
         慎重な判断を行いたい場合は、α=0.01(危険率1%)を用いる。
 ・検定統計量: t(上式を参照)
 ・棄却域  : R(上式を参照、両側、上側、下側で異なる)
 ・統計量計算: tを計算する。
 ・判定   : 棄却域と統計量計算を比較し、帰無仮説Hの採否を決定する。
5.エクセル関数
 ・=T.TEST(配列1,配列1,尾部,2)
 ・配列1: 必ず指定します。一方の組のデータを含む配列またはセル範囲を指定します。
 ・配列2: 必ず指定します。もう一方の組のデータを含む配列またはセル範囲を指定します。
 ・尾部 : 必ず指定します。片側分布を使用するか、または両側分布を使用するかを数値で指定し
       ます。1を指定すると片側分布が使用され、2を指定すると両側分布が使用されます。


4. 二群の平均値の差(非等分散)

04 二群の平均値の差(非等分散)

(解説)
 1.二群の平均値の差(非等分散)について、説明して
  行きます。
 2.2つ母集団のσが未知で、平均値の差について
  検定する方法です。
  ウェルチ(Welch)のt検定を使用します。
 3.具体的事例は、下記の通りです。
  ・製品1と製品2の寸法の平均値は異なるのか?
  ・製品1は製品2より寸法の平均値が大きいのか?
  ・製品1は製品2より寸法の平均値が小さいのか?



↑クリックすると拡大します。

4.検定手順を記載して行きます。
 ・仮説の設定: 両側、上側、下側の何れかを設定する。
 ・有意水準 : 一般的にはα=0.05(危険率5%)とする。
         慎重な判断を行いたい場合は、α=0.01(危険率1%)を用いる。
 ・検定統計量: t(上式を参照)
 ・棄却域  : R(上式を参照、両側、上側、下側で異なる)
 ・統計量計算: tを計算する。
 ・判定   : 棄却域と統計量計算を比較し、帰無仮説Hの採否を決定する。
5.エクセル関数
 ・=T.TEST(配列1,配列1,尾部,3)
 ・配列1: 必ず指定します。一方の組のデータを含む配列またはセル範囲を指定します。
 ・配列2: 必ず指定します。もう一方の組のデータを含む配列またはセル範囲を指定します。
 ・尾部 : 必ず指定します。片側分布を使用するか、または両側分布を使用するかを数値で指定し
       ます。1を指定すると片側分布が使用され、2を指定すると両側分布が使用されます。


5. 二群の平均値の差(対応あり)

05 二群の平均値の差(対応あり)

(解説)
 1.二群の平均値の差(対応あり)について、説明して
  行きます。
 2.2つ母集団のσが未知で、平均値の差について
  検定する方法です。
  スチューデント(Student)のt検定を使用
  します。
 3.具体的事例は、下記の通りです。
  ・処理前と処理後の寸法の平均値は異なるのか?
  ・処理前は処理後より寸法の平均値が大きいのか?
  ・処理前は処理後より寸法の平均値が小さいのか?


↑クリックすると拡大します。

4.検定手順を記載して行きます。
 ・仮説の設定: 両側、上側、下側の何れかを設定する。
 ・有意水準 : 一般的にはα=0.05(危険率5%)とする。
         慎重な判断を行いたい場合は、α=0.01(危険率1%)を用いる。
 ・検定統計量: t(上式を参照)
 ・棄却域  : R(上式を参照、両側、上側、下側で異なる)
 ・統計量計算: tを計算する。
 ・判定   : 棄却域と統計量計算を比較し、帰無仮説Hの採否を決定する。
5.エクセル関数
 ・=T.TEST(配列1,配列1,尾部,1)
 ・配列1: 必ず指定します。一方の組のデータを含む配列またはセル範囲を指定します。
 ・配列2: 必ず指定します。もう一方の組のデータを含む配列またはセル範囲を指定します。
 ・尾部 : 必ず指定します。片側分布を使用するか、または両側分布を使用するかを数値で指定し
       ます。1を指定すると片側分布が使用され、2を指定すると両側分布が使用されます。


6. 検定方法と棄却域

06 検定方法と棄却域

(解説)
 1.検定方法と棄却域について、説明して行きます。
 2.検定方法によって、確率の場所が異なります。
 3.以下、有意水準α=0.05(危険率5%)で
  記載します。
  ・両側検定: 上側α=2.5%
         下側α=2.5%
         両側α=5.0%(合計)
  ・上側検定: 上側α=5.0%
  ・下側検定: 下側α=5.0%



↑クリックすると拡大します。

4.両側検定より上側検定又は下側検定の方が、検出力が高いです。
5.上側又は下側が明らかな場合、上側検定又は下側検定を選択すべきです。


品質管理ソフトは、下記をクリックして下さい。
本館:エクセル将棋館(品質管理ソフト)

information

姉妹サイトは、下記アイコンを
クリックして下さい。


本館:エクセル将棋館
本館:エクセル将棋館

別館:エクセル株式館 別館:エクセル株式館

エクセルQC館
日本国
地方都市

スポンサード リンク