本文へスキップ

品質管理はデータに始まり、データで終わります。

  

本館:エクセル将棋館 別館:エクセル株式館

  1. トップ>
  2. 統計的手法>
  3. 変数変換

変数変換variable transformation


(目次)

 1. 変数変換とは
 2. 平方根変換
 3. 2乗変換
 4. 対数変換
 5. 指数変換
 6. 逆数変換

1. 変数変換とは

01 変数変換とは

(解説)
 1.変数変換について、説明して行きます。
 2.変数変換は、関数を使って元の数値を変換する方法
  です。
 3.散布図では横軸に変数x、縦軸に変数yを採る事に
  よって、変数xと変数yの相関を調べられます。
  この時、直線関係が無い事がしばしば有ります。
 4.しかし、変数yを変数変換する事で相関が得られる
  場合が有ります。
 5.この様に変数変換は、正しい相関を調べる為に有用
  な手法です。


↑クリックすると拡大します。


2. 平方根変換

02 平方根変換

(解説)
 1.平方根変換について、説明して行きます。
 2.変数yが2次関数の時に、平方根変換を行います。
 3.2次関数は、下式で表されます。
  y=ax+b
 4.これの平方根を取ると、xの1次関数になります。
 5.平方根変換は、下記の関数で行います。
  f(y)=sqrt(y)





↑クリックすると拡大します。


3. 2乗変換

03 2乗変換

(解説)
 1.2乗変換について、説明して行きます。
 2.変数yが平方根関数の時に、2乗変換を行います。
 3.平方根関数は、下式で表されます。
  y=sqrt(ax+b)
 4.これの2乗を取ると、xの1次関数になります。
 5.2乗変換は、下記の関数で行います。
  f(y)=y





↑クリックすると拡大します。


4. 対数変換

04 対数変換

(解説)
 1.対数変換について、説明して行きます。
 2.変数yが指数関数の時に、対数変換を行います。
 3.指数関数は、下式で表されます。
  y=10ax+b
 4.これの対数を取ると、xの1次式になります。
 5.対数変換は、下記の関数で行います。
  f(y)=log10(y)





↑クリックすると拡大します。


5. 指数変換

05 指数変換

(解説)
 1.指数変換について、説明して行きます。
 2.変数yが対数関数の時に、指数変換を行います。
 3.対数関数は、下式で表されます。
  y=log10(ax+b)
 4.これの指数を取ると、xの1次式になります。
 5.指数変換は、下記の関数で行います。
  f(y)=10





↑クリックすると拡大します。


6. 逆数変換

06 逆数変換

(解説)
 1.逆数変換について、説明して行きます。
 2.変数yが逆数関数の時に、逆数変換を行います。
 3.逆数関数は、下式で表されます。
  y=1/x
 4.これの逆数を取ると、xの1次式になります。
 5.逆数変換は、下記の関数で行います。
  f(y)=1/y





↑クリックすると拡大します。


品質管理ソフトは、下記をクリックして下さい。
本館:エクセル将棋館(品質管理ソフト)

information

姉妹サイトは、下記アイコンを
クリックして下さい。


本館:エクセル将棋館
本館:エクセル将棋館

別館:エクセル株式館 別館:エクセル株式館

エクセルQC館
日本国
地方都市

スポンサード リンク