本文へスキップ

別館:エクセルQC館 別館:エクセル株式館

  1. トップページ>
  2. Tips>
  3. Windows10、タスクマネージャーで各論理プロセッサを表示する方法

Tipstips

備忘録として、主にパソコン関係のTipsを記載して行きます。


新着情報
Office365、Excel:非表示で画像が隠れない時の対処方法
Office365、Outlook:0x8004010Fエラーの対処方法
Office365、Outlook:特定フォルダをショートカットで開く方法
Office365、Outlook:e−mailの全検索を行う方法
ホームページビルダー21、リンクエラーの原因がID間違いの場合がある

Windows10、タスクマネージャーで各論理プロセッサを表示する方法

Windows10はWindowsの最後のバージョンであり、インストールされているパソコンは永久に
使用できるのが特徴です。

しかし、Windows10のタスクマネージャーでは、CPUは全論理プロセッサの表示となっています。
全論理プロセッサではなく、各論理プロセッサの状態を把握したい場合が有ります。使用したパソコンは、下記の
ソフトを使用していました。

OS       : Windows10(64bit)バージョン20H2(OSビルド 19042.685)

以下、Windows10、タスクマネージャーで各論理プロセッサを表示する方法を記載して行きます。

(項目1)
 ・ Windows10のタスクマネージャーでは、CPUは全論理プロセッサの表示となっています。
 ・全論理プロセッサではなく、各論理プロセッサの状態を把握したい場合が有ります。
  

(項目2)
 ・CPUの表示を各論理プロセッサに変更するには、以下の操作を行います。
 ・グラフ上で右クリック → グラフの変更 → 論理プロセッサを選択
  

(項目3)
 ・すると、下記の様にCPUの表示が各論理プロセッサになります。
  

(項目4)
 ・以上で、Windows10、タスクマネージャーで各論理プロセッサを表示する方法は終了です。



contents

エクセル将棋館

日本国

地方都市


スポンサード リンク