本文へスキップ

別館:エクセルQC館 別館:エクセル株式館

  1. トップページ>
  2. Tips>
  3. Office365、他バージョンとの共存下で関連付けを変更する方法

Tipstips

備忘録として、主にパソコン関係のTipsを記載して行きます。


新着情報
@Office365、Excel:上手くスクロールできない時の対処方法
AOffice365、Word:特定の文字を一括で半角全角変更する方法
BOffice365、Word:半角マイナスを全角マイナスに置換する方法
COffice365、Excel:検索で見つからない原因
DWindows10、0の丸文字を含むファイル名が圧縮できない原因

Office365、他バージョンとの共存下で関連付けを変更する方法

Office365は、表計算ソフト、ワープロソフト、プレゼンテーションソフト、データベースソフト等が
入っているオフィスソフトです。これをインストールして置けば、家庭や仕事で多くの事が出来る様になります。

しかし、Office365は他バージョンとの共存下の場合、他バージョン同士を連携する時(例えば、
ExcelからAccessをマクロで操作する場合)に問題が発生します。使用したパソコンは、下記のソフト
を使用していました。

OS       : Windows10(64bit)バージョン21H1(OSビルド 19043.1348)
オフィスソフト  : Excel for Microsoft 365 MSO(16.0.14527.20234)
           64bit

以下、Office365、他バージョンとの共存下で関連付けを変更する方法を記載して行きます。

(項目1)
 ・Office365は他バージョンとの共存下の場合、他バージョン同士を連携する時(例えば、Excel
  からAccessをマクロで操作する場合)に問題が発生します。

(項目2)
 ・上記の問題を解決するには、関連付けを変更する必要があります。

(項目3)
 ・関連付けを変更する方法は、以下の通りです。
  スタートメニュー → コントロールパネル → プログラム → プログラムのアンイストール
  → 関連付けしたいバージョン(ここではMicrosoft 365 - ja-jp)を選択し、変更ボタンを押す。
  

 ・次に、「クイック修復」を選んで、修復ボタンを押します。
  

(項目4)
 ・以上で、Office365、他バージョンとの共存下で関連付けを変更する方法は終了です。



contents

エクセル将棋館

日本国

地方都市


スポンサード リンク