本文へスキップ

別館:エクセルQC館 別館:エクセル株式館

  1. トップページ>
  2. Tips>
  3. Office365、Excel:VBAで他ウィンドウがチラツク原因

Tipstips

備忘録として、主にパソコン関係のTipsを記載して行きます。


新着情報
@Google Chrome、Google マップで右クリックが効かない原因
AOffice365、Excel:スクロールバーが消える原因
BOffice365、PowerPoint:Zoom使用時は複製が良い
COffice365、Excel:コピペで表中の図形がズレる原因
DOffice365、Excel:CSVファイルを開くとCAS番号が日付になる原因

Office365、Excel:VBAで他ウィンドウがチラツク原因

Office365は、表計算ソフト、ワープロソフト、プレゼンテーションソフト、データベースソフト等が
入っているオフィスソフトです。これをインストールして置けば、家庭や仕事で多くの事が出来る様になります。

しかし、ExcelでVBAを動かしている時、他のウィンドウがチラツク現象が発生しました。
使用したパソコンは、下記のソフトを使用していました。

OS       : Windows10(64bit)バージョン21H1(OSビルド 19043.1348)
オフィスソフト  : Excel for Microsoft 365 MSO(16.0.14701.20206)
           64bit

以下、Office365、Excel:VBAで他ウィンドウがチラツク原因を記載して行きます。

(項目1)
 ・ExcelでVBAを動かしている時、他のウィンドウがチラツク現象が発生しました。
 ・詳細な状況は、以下の通りです。
  ウィンドウA: マクロを記載しているブック
  ウィンドウB: 上記のマクロで操作しているブック
  マクロを実行すると、ウィンドウBがチラツク。
  マクロには、画面更新OFF(Application.ScreenUpdating = False)を記載している。

(項目2)
 ・色々と調べて見ると、ウィンドウを最小化すればチラツクを無くせる事が分かりました。
 ・具体的なVBAコードは、ActiveWindow.WindowState = xlMinimizedを追記します。

(項目3)
 ・VBAコードは、以下の通りです。

  Sub main()

    Application.ScreenUpdating = False

    '省略

    'ここで他のブック(ウィンドウB)がアクティブになっていた。

    ActiveWindow.WindowState = xlMinimized

    'ここで処理を続ける。

    '省略i

    Application.ScreenUpdating = True

  End Sub

(項目4)
 ・上記の対策で、他のウィンドウがチラツク現象は無くなりました。

(項目5)
 ・以上で、Office365、Excel:VBAで他ウィンドウがチラツク原因は終了です。



contents

エクセル将棋館

日本国

地方都市


スポンサード リンク