本文へスキップ

別館:エクセルQC館 別館:エクセル株式館

  1. トップページ>
  2. Tips>
  3. Office365、Excel:リンクを解除する7つの方法

Tipstips

備忘録として、主にパソコン関係のTipsを記載して行きます。


新着情報
@Office365、Excel:VBAで貼付時に値の更新が出る原因
AOffice365、Excel:リンクを解除する7つの方法
BOffice365、Excel:VBAで他ウィンドウがチラツク原因
COffice365、Excel:VBAでStatusBarが更新されない原因
DOffice365、Excel:ExcelからWordへ変換する方法

Office365、Excel:リンクを解除する7つの方法

Office365は、表計算ソフト、ワープロソフト、プレゼンテーションソフト、データベースソフト等が
入っているオフィスソフトです。これをインストールして置けば、家庭や仕事で多くの事が出来る様になります。

しかし、Excelで外部リンクを含むファイルを開くと、毎回リンクの更新を促され気になります。
使用したパソコンは、下記のソフトを使用していました。

OS       : Windows10(64bit)バージョン21H2(OSビルド 19044.1415)
オフィスソフト  : Excel for Microsoft 365 MSO(16.0.14701.20254)
           64bit

以下、Office365、Excel:リンクを解除する7つの方法を記載して行きます。

(項目1)
 ・Excelで外部リンクを含むファイルを開くと、下図の様に毎回リンクの更新を促され気になります。
  

(項目2)
 ・外部リンクの更新が必要でない場合は、リンクを解除すると良いです。
 ・リンクは主に下記の7つがあります。
  @数式
  A名前
  Bグラフ
  Cオブジェクト
  Dマクロ
  E条件付書式
  Fプルダウン

(項目3)
 ・まずは、前半の3つを紹介します。
  

  @数式
   ='C:\Users\xxxxx\Documents\Excel\[tips260(リンク元).xlsm]Sheet1'!$D$4

   上記の様にセルに数式が入っています。これを削除すればリンクを解除できます。

  A名前
   

   数式タブ→名前の管理にリンク先が登録されています。これを削除すればリンクを解除できます。

  Bグラフ
   

   

   グラフを右クリックし、データの選択を選びます。更に編集を押します。
   そして、系列名と系列値を削除すれば、リンクを解除できます。

(項目4)
 ・次に、後半の4つを紹介します。
  

  Cオブジェクト
   

   オブジェクトを右クリックし、リンクの編集を押します。
   右下の方にあるボタンで、リンクを解除できます。

  Dマクロ
   

   図形を右クリックし、マクロの選択を選びます。マクロ名を削除すれば、リンクを解除できます。

  E条件付書式
   

   ホームタブ→条件付書式で、ルールの管理を選択します。そしてルールの削除で、リンクを解除できます。
   条件付書式に外部リンクが設定されるのは、ある条件が重なった時のみの様です。

  Fプルダウン
   

   データタブ→データの入力規則を選びます。左下のすべてクリアで、リンクを解除できます。
   プルダウン(データの入力規則)に外部リンクが設定されるのは、ある条件が重なった時のみの様です。

(項目5)
 ・以上で、Office365、Excel:リンクを解除する7つの方法は終了です。



contents

エクセル将棋館

日本国

地方都市


スポンサード リンク