本文へスキップ

別館:エクセルQC館 別館:エクセル株式館

  1. トップページ>
  2. Tips>
  3. Office365、Access:直前のレコードと同じ値を入力する方法

Tipstips

備忘録として、主にパソコン関係のTipsを記載して行きます。


新着情報
@Office365、PowerPoint:マウスカーソルが表示されない原因
AWindows10、スリープ復帰後にIPv6に繋がらない原因
BOffice365、Excel:VBAで特定のセルを左上にする方法
CWindows10、休止状態にすると直後に再起動する時の対処方法
DOffice365、Access:直前のレコードと同じ値を入力する方法

Office365、Access:直前のレコードと同じ値を入力する方法

Office365は、表計算ソフト、ワープロソフト、プレゼンテーションソフト、データベースソフト等が
入っているオフィスソフトです。これをインストールして置けば、家庭や仕事で多くの事が出来る様になります。

しかし、AccessはExcelの様にコピペが自由にできないので、使い難いです。今回は、直前のレコード
と同じ値を入力する方法を検討しました。使用したパソコンは、下記のソフトを使用していました。

OS       : Windows10(64bit)バージョン21H2(OSビルド 19044.1806)
オフィスソフト  : Access for Microsoft 365 MSO(16.0.15330.20144)
           64bit

以下、Office365、Access:直前のレコードと同じ値を入力する方法を記載して行きます。

(項目1)
 ・AccessはExcelの様にコピペが自由にできないので、使い難いです。今回は、直前のレコードと
  同じ値を入力する方法を検討しました。
 ・インターネットで色々と調べて見ると、「■T'sWare Access Tips #317 〜直前のレコードと同じ値を入力
  する方法〜
」が見つかりました。
 ・上記によると、「Ctrlキー+’(クォーテーション)キーを押せば良い」との事でした。

(項目2)
 ・左手で「Ctrlキー」を押しながら、左手で「'(クォーテーション)キー」は押し難いので、他のキーを
  押して見ました。
 ・すると、「”(ダブルクォーテーション)キー」でも代用できる事が分かりました。

(項目3)
 ・Accessを起動し、「空のデータベース」を作成します。
 ・ここでは、1行目に「123」を入力しました。
  

(項目4)
 ・次に、「Ctrlキー+”(ダブルクォーテーション)キー」を押します。
 ・2行目に「123」が入力されている事を確認します。
  

(項目5)
 ・キーボードの位置で示すと、以下の通りとなります。
  Ctrlキー+’(クォーテーション)キー   : Ctrl + 7
  Ctrlキー+”(ダブルクォーテーション)キー: Ctrl + 2 ← 近くて押し易い

(項目6)
 ・以上で、Office365、Access:直前のレコードと同じ値を入力する方法は終了です。



contents

エクセル将棋館

日本国

地方都市


スポンサード リンク