本文へスキップ

品質管理はデータに始まり、データで終わります。

  1. トップ>
  2. QC基礎>
  3. 品質保証体系図

品質保証体系図quality assurance system chart


(目次)

 1. 品質保証体系図とは
 2. 製品企画
 3. 製品設計
 4. 実機試作
 5. 量産製造
 6. 検査、出荷
 7. 顧客満足

1. 品質保証体系図とは

01 品質保証体系図とは(解説)
 1.品質保証体系図ついて、説明して行きます。
 2.品質保証体系図は、プロセスと部門のマトリックス
  となっています。
 3.プロセスは、下記の通りです。
  ・製品企画
  ・製品設計
  ・実機試作
  ・量産製造
  ・検査、出荷
  ・顧客満足


↑クリックすると拡大します。

4.部門は、以下の通りです。
 ・顧客
 ・営業部門
 ・研究部門
 ・製造部門
 ・品証部門
 ・購買部門
 ・設備部門
5.縦軸にプロセス、横軸に部門を記入します。
6.各プロセスに必要な項目を、該当する部門に記載して、矢印で結びます。フローチャートの様な図と
 なります。
7.品質保証体系図を作成する事によって、プロセスと部門の関係が明確になり、品質マニュアルや品質
 規則などの社内標準を作成する時に役に立ちます。また外部監査を受けた時は、監査員に対して分かり
 易い説明が可能となります。


2. 製品企画

02 製品企画(解説)
 1.製品企画について、説明して行きます。
 2.顧客からの開発依頼や市場のニーズが起点となり
  ます。
 3.営業部門は、競合他社に先駆けて、上記の情報を
  収集する必要があります。
 4.研究部門は、得られた情報を解析し、開発計画を
  作成します。





↑クリックすると拡大します。


3. 製品設計

03 製品設計(解説)
 1.製品設計について、説明して行きます。
 2.研究部門は、インプット(顧客要望)から品質設計
  を行います。インプットは曖昧な情報が多い為、
  これを具体的な特性値に変換して行きます。
 3.研究部門は、試作品を作成してアウトプット(特性
  値)を評価します。






↑クリックすると拡大します。


4. 実機試作

04 実機試作(解説)
 1.実機試作について、説明して行きます。
 2.項目と該当部門を記載するに留めます。
  ・実機試作依頼    (研究部門)
  ・実機試作準備    (製造部門)
  ・購入仕様書、MSDS(購買部門)
  ・原材料購入     (購買部門)
  ・実機試作      (製造部門)
  ・実機試作品評価   (研究部門)
  ・実機試作品提供   (営業部門)
  ・実機試作品評価   (顧客)


↑クリックすると拡大します。


5. 量産製造

05 量産製造(解説)
 1.量産製造について、説明して行きます。
 2.項目と該当部門を記載するに留めます。
  ・発注        (顧客)
  ・受注        (営業部門)
  ・生産計画      (製造部門)
  ・原材料購入     (購買部門)
  ・量産製造      (製造部門)
  ・設備保全      (設備部門)




↑クリックすると拡大します。


6. 検査、出荷

06 検査、出荷(解説)
 1.検査、出荷について、説明して行きます。
 2.品質保証部門は、製品の出荷検査を行います。
  ここでは出荷許可の権限が品質保証部門に有る事が
  重要となります。
 3.購買部門(製品管理も含む)は製品を保管します。
  います。
 4.購買部門(製品管理も含む)は製品を出荷します。
 5.顧客は、製品を使用します。




↑クリックすると拡大します。


7. 顧客満足

07 顧客満足(解説)
 1.顧客満足について、説明して行きます。
 2.顧客は、製品に不満足な点が有れば、苦情や要望を
  伝えます。
 3.営業部門は、顧客から情報を迅速かつ正確に収集
  します。
 4.研究部門、製造部門、品証部門は、情報解析、原因
  究明、対策立案を行います。
 5.研究部門、製造部門、品証部門は、対策実施、効果
  確認を実施します。
 6.営業部門は、顧客に原因と対策を回答します。


↑クリックすると拡大します。

7.顧客は、内容を確認します。


品質管理ソフトは、下記をクリックして下さい。
本館:エクセル将棋館(品質管理ソフト)

information

姉妹サイトは、下記アイコンを
クリックして下さい。


本館:エクセル将棋館
本館:エクセル将棋館

別館:エクセル株式館 別館:エクセル株式館

スポンサード リンク