本文へスキップ

品質管理はデータに始まり、データで終わります。

  1. トップ>
  2. 統計的手法>
  3. 演繹法と帰納法

演繹法と帰納法induction and deduction


(目次)

 1. 演繹法と帰納法とは
 2. 演繹法
 3. 帰納法

1. 演繹法と帰納法とは

01 演繹法と帰納法とは(解説)
 1.演繹法と帰納法について、説明して行きます。
 2.思考方法には、演繹法と帰納法の2つが有ります。
 3.演繹法は、一般的原理から個々の事象を推測する
  方法です。
 4.帰納法は、個々の事象から一般的原理を推測する
  方法です。
 5.この2つの思考方法は古くから存在する方法で、
  統計的手法の基礎となります。




↑クリックすると拡大します。


2. 演繹法

02 演繹法(解説)
 1.演繹法について、説明して行きます。
 2.演繹法は、一般的原理から個々の事象を推測する
  方法です。
 3.演繹法は、下記の手順で行います。
  大前提(一般的原理) : 動物は動く
  ↓
  小前提        : Aは動物である
  ↓
  結論(個々の事象)  : Aは動く
 4.いわゆる三段論法と呼ばれる方法です。


↑クリックすると拡大します。


3. 帰納法

03 帰納法(解説)
 1.帰納法について、説明して行きます。
 2.帰納法は、個々の事象から一般的原理を推測する
  方法です。
 3.帰納法は、下記の手順で行います。
  情報収集(個々の事象): 動物A〜Cは動いた
  ↓
  共通点        : 動物だから動いた
  ↓
  結論(一般的原理)  : 動物は動く
 4.情報収集が不足の場合、結論が不正確となります。


↑クリックすると拡大します。


品質管理ソフトは、下記をクリックして下さい。
本館:エクセル将棋館(品質管理ソフト)

information

姉妹サイトは、下記アイコンを
クリックして下さい。


本館:エクセル将棋館
本館:エクセル将棋館

別館:エクセル株式館 別館:エクセル株式館

スポンサード リンク