本文へスキップ

品質管理はデータに始まり、データで終わります。

  1. トップ>
  2. 実験計画法>
  3. 主効果と交互作用

主効果と交互作用main effect and interaction


(目次)

 1. 主効果と交互作用とは
 2. 主効果のみの場合
 3. 交互作用がある場合

1. 主効果と交互作用とは

01 主効果と交互作用とは(解説)
 1.主効果と交互作用について、説明して行きます。
 2.条件の影響(因子A、因子B)は、下記の2つが
  有ります。
  ・主効果 A、B
  ・交互作用 A×B
 3.交互作用がある場合は、データ解析時に特別な注意
  が必要となります。





↑クリックすると拡大します。


2. 主効果のみの場合

02 主効果のみの場合(解説)
 1.主効果のみの場合について、説明して行きます。
 2.主効果のみの場合、B1線とB2線が並行になり
  ます。
 3.上記の場合は、データ解析時に特別な注意は必要
  ないです。







↑クリックすると拡大します。


3. 交互作用がある場合

03 交互作用がある場合(解説)
 1.交互作用がある場合について、説明して行きます。
 2.交互作用がある場合、B1線とB2線が並行には
  なりません。
 3.上記の場合は、データ解析時に特別な注意が必要と
  なります。







↑クリックすると拡大します。


品質管理ソフトは、下記をクリックして下さい。
本館:エクセル将棋館(品質管理ソフト)

information

姉妹サイトは、下記アイコンを
クリックして下さい。


本館:エクセル将棋館
本館:エクセル将棋館

別館:エクセル株式館 別館:エクセル株式館

スポンサード リンク