本文へスキップ

品質管理はデータに始まり、データで終わります。

  1. トップ>
  2. 実験計画法>
  3. 交互作用と線点図

交互作用と線点図interaction and line diagram


(目次)

 1. 交互作用と線点図とは
 2. 直交表
 3. 2列間の交互作用
 4. 線点図
 5. 直交表への割付

1. 交互作用と線点図とは

01 交互作用と線点図とは(解説)
 1.交互作用と線点図について、説明して行きます。
 2.実験計画を行うには、以下の3つを使用して実験の
  割付けを実施します。
  ・直交表
  ・2列間の交互作用
  ・線点図
 3.線点図は、交互作用を分かり易くする為の図です。
 4.以下、L8実験計画で記載して行きます。




↑クリックすると拡大します。


2. 直交表

02 直交表(解説)
 1.直交表について、説明して行きます。
 2.直交表は、実験計画で良く使用されます。
 3.直交表を用いると、下記2点が可能となります。
  ・実験回数の低減
  ・因子の水準を均一化
 4.欠点は、主効果、交互作用の交絡が発生する事
  です。
 5.直交表では、主効果、交互作用の交絡を検討する事
  が重要です。



↑クリックすると拡大します。


3. 2列間の交互作用

03 2列間の交互作用(解説)
 1.2列間の交互作用について、説明して行きます。
 2.直交表では、主効果、交互作用の交絡が発生し
  ます。
 3.主効果と交互作用の交絡は、表−2 2列間の交互
  作用で確認できます。







↑クリックすると拡大します。


4. 線点図

04 線点図(解説)
 1.線点図について、説明して行きます。
 2.線点図は、主効果と交互作用の交絡を視覚的に確認
  できる図です。
 3.線点図を用いると、割付けが容易になります。
 4.L8の線点図は、左図の様に2つ有ります。
 5.丸点の箇所に主効果を割り付けると良いでしょう。






↑クリックすると拡大します。


5. 直交表への割付

05 直交表への割付(解説)
 1.直交表への割付けについて、説明して行きます。
 2.線点図を使用して、直交表への割付けを行います。
 3.左表は、レゾリューションW(L8実験計画、
  4因子)の例です。
 4.この例では、6列に誤差eを割付けていますので、
  交互作用B×C、A×Dと交絡します。
 5.よって、交互作用B×C、A×Dが大きいと実験
  精度が低下します。




↑クリックすると拡大します。


品質管理ソフトは、下記をクリックして下さい。
本館:エクセル将棋館(品質管理ソフト)

information

姉妹サイトは、下記アイコンを
クリックして下さい。


本館:エクセル将棋館
本館:エクセル将棋館

別館:エクセル株式館 別館:エクセル株式館

スポンサード リンク