本文へスキップ

品質管理はデータに始まり、データで終わります。

  1. トップ>
  2. 標準化>
  3. デザインレビュー

デザインレビューdesign review


(目次)

 1. デザインレビューとは
 2. DR1(製品企画DR)
 3. DR2(製品設計DR)
 4. DR3(実機試作DR)
 5. 初期流動管理
 6. 製造移管

1. デザインレビューとは

01 デザインレビューとは(解説)
 1.デザインレビューについて、説明して行きます。
 2.デザインレビューは、設計開発の各段階での審査
  の事です。
 3.各段階での審査は、下記の通りです。
  ・DR1(製品企画DR)
  ・DR2(製品設計DR)
  ・DR3(実機試作DR)
  ・初期流動管理
  ・製造移管
 4.ここでは、初期流動管理、製造移管も含めます。


↑クリックすると拡大します。


2. DR1(製品企画DR)

02 DR1(製品企画DR)(解説)
 1.DR1(製品企画DR)について、説明して行き
  ます。
 2.DR1(製品企画DR)は、製品企画が適切かを
  審査します。
 3.審査項目には、以下の項目が有ります。
  ・市場(規模、成長性、シェア)
  ・顧客要求事項(品質、価格、納期)
  ・技術的課題(従来技術、新規技術)
  ・関連法規、規制
  ・競合他社の状況


↑クリックすると拡大します。


3. DR2(製品設計DR)

03 DR2(製品設計DR)(解説)
 1.DR2(製品設計DR)について、説明して行き
  ます。
 2.DR2(製品設計DR)は、製品設計が適切かを
  審査します。
 3.審査項目には、以下の項目が有ります。
  ・顧客要求事項(製品設計への反映結果)
  ・インプット (設計値)
  ・アウトプット(測定値)
  ・設計検証  (設計値と測定値の比較)
  ・妥当性確認 (実用性試験)


↑クリックすると拡大します。


4. DR3(実機試作DR)

04 DR3(実機試作DR)(解説)
 1.DR3(実機試作DR)について、説明して行き
  ます。
 2.DR3(実機試作DR)は、実機試作が適切かを
  審査します。
 3.審査項目には、以下の項目が有ります。
  ・設計検証 (設計値と測定値の比較)
  ・妥当性確認(実用性試験)
  ・製品設計(試作品)との差異の確認
  ・実機試作時の課題確認



↑クリックすると拡大します。


5. 初期流動管理

05 初期流動管理(解説)
 1.初期流動管理について、説明して行きます。
 2.初期流動管理は、量産製造の初期段階において製造
  の状況を確認して行く事です。
 3.量産製造の初期段階は、最初の30ロット位が一つ
  の目安と思われます。
 4.上記については、製品によって異なりますので、
  各企業での判断が必要となります。
 5.統計学的には、データ数は最低30程度は必要と
  言われています。
 6.工程能力指数Cp、Cpkの調査を行います。


↑クリックすると拡大します。


6. 製造移管

06 製造移管(解説)
 1.製造移管について、説明して行きます。
 2.製造移管は、初期流動管理の状況から、量産製造に
  問題が無いかどうかを審査します。
 3.審査項目には、以下の項目が有ります。
  ・工程能力指数Cp、Cpk
  ・安全性、作業性、ロングラン性
  ・稼働率、収率、ワンパス収率(直行率)
 4.製造移管が最後の審査となりますので、工場長など
  の経営層が参加する事が望ましいです。
 5.全体を通してのデザインレビューでも良いです。


↑クリックすると拡大します。


品質管理ソフトは、下記をクリックして下さい。
本館:エクセル将棋館(品質管理ソフト)

information

姉妹サイトは、下記アイコンを
クリックして下さい。


本館:エクセル将棋館
本館:エクセル将棋館

別館:エクセル株式館 別館:エクセル株式館

スポンサード リンク