本文へスキップ

品質管理はデータに始まり、データで終わります。

  1. トップ>
  2. 標準化>
  3. JIS

JISjapanese industrial standards


(目次)

 1. JISとは
 2. JISのマーク
 3. JISの認証
 4. JISの目的
 5. JISの規格番号

1. JISとは

01 JISとは(解説)
 1.JISについて、説明して行きます。
 2.日本には、3つの国家標準が有ります。
  ・JIS
  ・JAS
  ・JP
 3.JIS(Japanese Industrial Standards):
  日本工業規格の名称となります。
 4.JISは、工業標準化法に基づき定められて
  います。



↑クリックすると拡大します。


2. JISのマーク

02 JISのマーク(解説)
 1.JISのマークについて、説明して行きます。
 2.JISのマークは、左図の3種類となります。
 3.一般的には鉱工業製品にJISのマークを付けます
  が、加工技術や特定側面にも付ける事が可能です。
 4.JISのマークを付けられる事業者は、以下です。
  ・国内:製造業者、輸入業者、販売業者、加工業者
  ・海外:製造業者、輸出業者、加工業者
 5.JISのマークを付けるには、第三者認証機関
  (登録認証機関)による製品認証および定期的な
  認証維持審査が必要になります。


↑クリックすると拡大します。


3. JISの認証

03 JISの認証(解説)
 1.JISの認証について、説明して行きます。
 2.JISの認証は、第三者認証機関(登録認証機関)
  の製品認証および定期的な認証維持審査が必要。
 3.第三者認証機関(登録認証機関)を下記に抜粋。
  ・建材試験センター
  ・日本品質保証機構
  ・電気安全環境研究所
  ・ビューローベリタスジャパン
 4.初回製品認証を受け、認証維持審査(1回/3年)
  で認証を継続します。


↑クリックすると拡大します。


4. JISの目的

04 JISの目的(解説)
 1.JISの目的について、説明して行きます。
 2.JISの目的は、日本の工業標準化の促進です。
 3.鉱工業品を全国的に統一する為、規定しています。
  ・形状
  ・品質
  ・性能
  ・生産方法
  ・試験方法
 4.鉱工業品を全国的に統一すれば、安心してその製品
  を使用できます。


↑クリックすると拡大します。


5. JISの規格番号

05 JISの規格番号(解説)
 1.JISの規格番号について、説明して行きます。
 2.JISは、規格番号で識別できます。
 3.JISは、鉱工業品の分野毎に部門で区分して
  います。
 4.JISの部門記号と番号は、左表の通りです。
 5.以下は、B 一般機械の例となります。
  ・JIS B 0001:2010 機械製図





↑クリックすると拡大します。


品質管理ソフトは、下記をクリックして下さい。
本館:エクセル将棋館(品質管理ソフト)

information

姉妹サイトは、下記アイコンを
クリックして下さい。


本館:エクセル将棋館
本館:エクセル将棋館

別館:エクセル株式館 別館:エクセル株式館

スポンサード リンク