本文へスキップ

品質管理はデータに始まり、データで終わります。

  1. トップ>
  2. その他>
  3. 在庫管理

在庫管理inventory management


(目次)

 1. 在庫管理とは
 2. 適正在庫
 3. 在庫量の変動
 4. 在庫管理のポイント
 5. リードタイム
 6. リードタイム、需要量の変動
 7. 発注点の算出
 8. 安全在庫の計算式

1. 在庫管理とは

01 在庫管理とは(解説)
 1.在庫管理について、説明して行きます。
 2.在庫管理は、企業の収益に直結する重要事項の一つ
  です。
 3.在庫には、下記の4種類が有ります。
  ・在庫ゼロ・・・非現実的
  ・過少在庫・・・荷繰り大変
  ・適正在庫・・・必要最小限
  ・過剰在庫・・・利益の低下
 4.在庫を多からず少なからずの状態にする、適正在庫
  が理想的です。


↑クリックすると拡大します。


2. 適正在庫

02 適正在庫(解説)
 1.適正在庫について、説明して行きます。
 2.在庫をゼロに出来れば利益が上がりますが、これは
  非現実的です。
 3.また一律在庫削減などの目標を良く聞きますが、
  これも理論的では有りません。
 4.手間は掛かりますが、製品毎の在庫管理を確実に
  行う事が重要となります。
 5.在庫の適正量を把握し、これを基に在庫管理を行う
  のが適正在庫です。



↑クリックすると拡大します。


3. 在庫量の変動

03 在庫量の変動(解説)
 1.在庫量の変動について、説明して行きます。
 2.在庫量は、以下の式で表す事が出来ます。
  (在庫量)=(生産量)−(出荷量)
 3.在庫量の変動は、生産量と出荷量の変動に起因し
  ます。
 4.生産量の変動は、原料が入手できない、生産で
  トラブルなどの事情により起こります。
 5.出荷量の変動は、市場動向(顧客起因)です。
  毎日安定して売れる場合や時々しか売れない場合
  など色々なケースが原因です。


↑クリックすると拡大します。


4. 在庫管理のポイント

04 在庫管理のポイント(解説)
 1.在庫管理のポイントについて、説明して行きます。
 2.在庫管理には、発注点、安全在庫、在庫基準値の
  3つのポイントが有ります。
 3.発注点は、以下の2つの方法が有ります。
  ・発注点方式 : 在庫量が在庫基準値を下回った
           時に、一定量を発注する。
  ・定期発注方式: 定期的に発注を行う。発注量は
           状況に応じて調整する。




↑クリックすると拡大します。

4.安全在庫は、欠品を起こさない様にする為の在庫です。しかし欠品率を0%にするには多くの在庫が
 必要となるので、許容欠品率の検討は重要事項の一つとなります。
5.在庫基準値は、発注を行う時の基準となります。この値が大き過ぎると過剰在庫となり、小さ過ぎると
 欠品になります。


5. リードタイム

05 リードタイム(解説)
 1.リードタイムについて、説明して行きます。
 2.リードタイムは、開始から終了までに必要な時間
  です。
 3.代表的なリードタイムを下記に示します。
  ・調達リードタイム: 原料入手に必要な時間
  ・生産リードタイム: 生産に必要な時間
  ・納入リードタイム: 受注から出荷までの時間
  ・要求リードタイム: 一般的に言う納期




↑クリックすると拡大します。


6. リードタイム、需要量の変動

06 リードタイム、需要量の変動(解説)
 1.リードタイム、需要量の変動について、説明して
  行きます。
 2.リードタイムは分布で考える必要が有ります。
  正規分布になる場合が多いので、平均値と標準偏差
  で表すのが一般的です。
 3.需要量も分布で考える必要が有ります。
  ただし正規分布でない場合も有るので、注意が必要
  です。基本は、平均値と標準偏差で表します。
 4.需要量の分布が正規分布にならない理由は、市場
  動向(顧客起因)や季節変動等も思われます。


↑クリックすると拡大します。


7. 発注点の算出

07 発注点の算出(解説)
 1.発注点の算出について、説明して行きます。
 2.発注点の算出は、以下の手順で行います。
  ・対象となる製品を決める
  ・出荷データを分析する
  ・リードタイムを調べる
  ・安全係数を決定する
  ・安全在庫を計算する
 3.安全係数(安全在庫水準)は、許容欠品率を基に
  決定します。許容欠品率1〜2%、安全係数2程度
  が現実的な数値と考えられます。


↑クリックすると拡大します。


8. 安全在庫の計算式

08 安全在庫の計算式(解説)
 1.安全在庫の計算式について、説明して行きます。
 2.安全在庫は、左式で計算します。
 3.必要な状況は、下記の3つです。
  ・安全係数
  ・最大リードタイム
  ・単位時間当り需要量の標準偏差
 4.安全在庫の計算は、製品毎に行う事が必要となり
  ます。これで適正在庫が明らかとなります。
 5.適正在庫の把握は手間が掛かりますが、企業体質の
  強化に有効です。


↑クリックすると拡大します。


品質管理ソフトは、下記をクリックして下さい。
本館:エクセル将棋館(品質管理ソフト)

information

姉妹サイトは、下記アイコンを
クリックして下さい。


本館:エクセル将棋館
本館:エクセル将棋館

別館:エクセル株式館 別館:エクセル株式館

スポンサード リンク