本文へスキップ

品質管理はデータに始まり、データで終わります。

  1. トップ>
  2. 検査方法>
  3. 検査の目的

検査の目的purpose of the inspection


(目次)

 1. 検査の目的とは
 2. 製品の合否判定
 3. 工程の異常判定

1. 検査の目的とは

01 検査の目的とは(解説)
 1.検査の目的について、説明して行きます。
 2.検査の目的は、「製品が要求品質を満たしている」
  を保証する事です。
 3.その為に検査の機能は、下記2つが必要となり
  ます。
  ・製品の合否判定
  ・工程の異常判定
 4.検査自体は1回ですが、上記の2つの機能で判定を
  行っていきます。



↑クリックすると拡大します。


2. 製品の合否判定

02 製品の合否判定(解説)
 1.製品の合否判定について、説明して行きます。
 2.製品の合否判定は、測定結果と判定基準を比較して
  判定を下します。
 3.両側規格値100±10の例で、説明します。
  ・測定値111 不合格
  ・測定値110 合格
  ・測定値 90 合格
  ・測定値 89 不合格
 4.測定値と規格値が同じ場合は、合格と判定します。



↑クリックすると拡大します。

5.製品の合否判定は、全数検査ではなく抜取検査で行う場合が多いです。
6.従って、「全ての製品が要求品質を満たしている」を保証する事は難しいです。
7.「全ての製品が要求品質を満たしている」を保証するには、下記の3つの条件が揃う必要が有ります。
 ・全数検査
 ・全ての特性を測定する
 ・全ての特性が非破壊検査


3. 工程の異常判定

03 工程の異常判定(解説)
 1.工程の異常判定について、説明して行きます。
 2.「製品が要求品質を満たしている」を保証する為
  には、工程が安定している事が重要になります。
 3.製品の合否判定を行っても、工程を安定にする事は
  出来ません。
 4.工程を安定にするには、工程の異常判定を行って
  改善する必要が有ります。





↑クリックすると拡大します。

5.その為、下記の手順を実施します。
 ・サンプリング
 ・測定の実施
 ・管理図の作成
 ・管理図の異常判定
 ・原因究明と対策実施
6.管理図を作成して、異常判定を行う事が重要になります。


品質管理ソフトは、下記をクリックして下さい。
本館:エクセル将棋館(品質管理ソフト)

information

姉妹サイトは、下記アイコンを
クリックして下さい。


本館:エクセル将棋館
本館:エクセル将棋館

別館:エクセル株式館 別館:エクセル株式館

スポンサード リンク