本文へスキップ

品質管理はデータに始まり、データで終わります。

  1. トップ>
  2. 検査方法>
  3. 抜取検査の分布関数

抜取検査の分布関数sampling inspection function


(目次)

 1. 抜取検査の分布関数とは
 2. 抜取検査の超幾何分布
 3. 抜取検査の二項分布
 4. 抜取検査のポアソン分布

1. 抜取検査の分布関数とは

01 抜取検査の分布関数とは(解説)
 1.抜取検査の分布関数について、説明して行きます。
 2.抜取検査の分布関数は、超幾何分布、二項分布、
  ポアソン分布の3つが有ります。
 3.超幾何分布が最も正確ですが、計算が煩雑な為、
  二項分布が用いられる場合が多いです。
 4.超幾何分布
  ・制約条件は有りません。全ての場合で、使用可能
   です。
 5.二項分布
  ・不良品率p≦0.1の場合に、使用可能です。


↑クリックすると拡大します。

6.ポアソン分布
 ・不良品率p≦0.1、サンプル率n/N≦0.1の場合に、使用可能です。


2. 抜取検査の超幾何分布

02 抜取検査の超幾何分布A(解説)
 1.抜取検査の超幾何分布(Hypergeometric
  distribution)について、説明して行きます。
 2.概要
  ・非復元抽出の分布です。
  ・計算は煩雑ですが、最も正確な計算ができます。
 3.条件
  ・制約条件は有りません。全ての場合で、使用可能
   です。
 4.エクセル関数
  ・=HYPGEOM.DIST(x,n,M,N,TRUE)


↑クリックすると拡大します。

02 抜取検査の超幾何分布B 5.関数式
  ・関数式は、左図となります。
  ・組合せ記号 nCr を使用します。 
  ・C は、combinationの頭文字です。
  ・変数の意味は、下記の通りです。
   x: サンプル中の不合格数
   n: サンプル数
   M: ロット中の不合格数
   N: ロットの大きさ




↑クリックすると拡大します。


3. 抜取検査の二項分布

03 抜取検査の二項分布A(解説)
 1.抜取検査の二項分布(Binomial distribution)
  について、説明して行きます。
 2.概要
  ・復元抽出の分布です。
  ・二項分布は、超幾何分布の近似で導出です。
 3.条件
  ・不良品率 : p≦0.1 で使用可能です。
  ・不良品率が高い時は、使用できません。
 4.エクセル関数
  ・=BINOM.DIST(x,n,p,TRUE)


↑クリックすると拡大します。

03 抜取検査の二項分布B 5.関数式
  ・関数式は、左図となります。
  ・組合せ記号 nCr を使用します。 
  ・C は、combinationの頭文字です。
  ・変数の意味は、下記の通りです。
   x: サンプル中の不合格数
   n: サンプル数
   p: ロットの不良品率





↑クリックすると拡大します。


4. 抜取検査のポアソン分布

04 抜取検査のポアソン分布A(解説)
 1.抜取検査のポアソン分布(Poisson distribution)
  について、説明して行きます。
 2.概要
  ・発生確率が低い事象の分布です。
  ・ポアソン分布は、二項分布の近似で導出です。
 3.条件
  ・不良品率 : p≦0.1
  ・サンプル率: n/N≦0.1
 4.エクセル関数
  ・=POISSON.DIST(x,n*p,TRUE)


↑クリックすると拡大します。

04 抜取検査のポアソン分布B 5.関数式
  ・関数式は、左図となります。
  ・階乗!を使用します。
  ・自然対数eを使用します。
  ・変数の意味は、下記の通りです。
   x: サンプル中の不合格数
   n: サンプル数
   p: ロットの不良品率





↑クリックすると拡大します。


品質管理ソフトは、下記をクリックして下さい。
本館:エクセル将棋館(品質管理ソフト)

information

姉妹サイトは、下記アイコンを
クリックして下さい。


本館:エクセル将棋館
本館:エクセル将棋館

別館:エクセル株式館 別館:エクセル株式館

スポンサード リンク