本文へスキップ

品質管理はデータに始まり、データで終わります。

  1. トップ>
  2. 検査方法>
  3. 抜取検査の理論

抜取検査の理論theory of sampling inspection


(目次)

 1. 抜取検査の理論とは
 2. 抜取検査で用いる用語
 3. 抜取検査の手順
 4. サンプルに含まれる不良品数
 5. ロットが合格する確率

1. 抜取検査の理論とは

01 抜取検査の理論とは(解説)
 1.抜取検査の理論ついて、説明して行きます。
 2.抜取検査は、ロットから製品をサンプリングし、
  そのサンプルを調べる検査です。
 3.サンプルを調べた結果から、ロットの合否判定を
  行う事が目的となります。
 4.以下、計数規準型について、記載して行きます。
 5.計数規準型は、検査項目が計数値の場合に使用でき
  ます。
 6.具体的な検査項目は、不合格品数、欠点数(キズ、
  汚れ等)などです。


↑クリックすると拡大します。

7.この抜取検査は、サンプル数nと合格判定個数cの組み合わせで示されます。


2. 抜取検査で用いる用語

02 抜取検査で用いる用語(解説)
 1.抜取検査で用いる用語について、説明します。
 2.抜取検査で用いる用語は、下記の通りです。
  ・ロットの大きさ : N
  ・サンプル数   : n
  ・不合格数    : x
  ・合格判定個数  : c
  ・良いロット不良率: p
  ・悪いロット不良率: p
  ・生産者危険   : α
  ・消費者危険   : β


↑クリックすると拡大します。


3. 抜取検査の手順

03 抜取検査の手順(解説)
 1.抜取検査の手順について、説明して行きます。
 2.最初は、抜取検査の条件を決めます。
  ・良いロット不良率: p(0.1〜10.0%)
  ・悪いロット不良率: p(0.8〜31.5%)
  ・生産者危険   : α(通常は、0.05)
  ・消費者危険   : β(通常は、0.10)
 3.次に、抜取検査表を用いてサンプル数nと合格判定
  個数cを求めます。
 4.そして、ロットからn個の製品をサンプリングし
  ます。


↑クリックすると拡大します。

5.そのサンプルでn回の試験を実施して、不合格数xを数えます。
6.不合格数xと合格判定個数cを比較し、ロットの合否判定を行います。


4. サンプルに含まれる不良品数

04 サンプルに含まれる不良品数(解説)
 1.サンプルに含まれる不良品数を、説明します。
 2.サンプルに含まれる不良品数は、確率分布で推定
  できます。用語は、以下を参照して下さい。
  ・ロットの大きさ : N
  ・サンプル数   : n
  ・不良品数    : x
  ・不良品率    : p





↑クリックすると拡大します。

3.超幾何分布
 ・制約条件は有りません。全ての場合で、使用可能です。
4.二項分布
 ・不良品率p≦0.1の場合に、使用可能です。
5.ポアソン分布
 ・不良品率p≦0.1、サンプル率n/N≦0.1の場合に、使用可能です。


5. ロットが合格する確率

05 ロットが合格する確率(解説)
 1.ロットが合格する確率について、説明します。
 2.用語は、以下の通りです。
  ・サンプル数   : n
  ・不良品数    : x
  ・不良品率    : p
  ・合格判定個数  : c
  ・サンプル中x個不良品の含有確率: P(x)
  ・ロットが合格する確率: L(p)




↑クリックすると拡大します。

3.合格判定個数cが1の場合は、以下の通りです。
 ・ロットが合格する確率: L(p)=P(0)+P(1)
 ・確率は、不良品が0個の場合と1個の場合の合計となります。


品質管理ソフトは、下記をクリックして下さい。
本館:エクセル将棋館(品質管理ソフト)

information

姉妹サイトは、下記アイコンを
クリックして下さい。


本館:エクセル将棋館
本館:エクセル将棋館

別館:エクセル株式館 別館:エクセル株式館

スポンサード リンク