本文へスキップ

品質管理はデータに始まり、データで終わります。

  1. トップ>
  2. 管理図>
  3. 管理図の目的

管理図の目的purpose of control chart


(目次)

 1. 管理図の意義
 2. 管理図の偶然原因
 3. 管理図の異常原因
 4. 管理図の状態監視
 5. 管理図の工程処置

1. 管理図の意義

01 管理図の意義(解説)
 1.管理図の意義ついて、説明して行きます。
 2.管理図は管理限界線(平均値±3σ)を使用して、
  工程の異常を早期に発見できます。
 3.工程の傾向管理が可能で、特性値の上昇傾向や下降
  傾向などが把握できます。
 4.工程の異常を発見した場合、改善処置により品質
  不良を未然に防止できます。
 5.また、管理図の状態監視を行う事で、管理者や
  作業員の品質意識が向上します。



↑クリックすると拡大します。


2. 管理図の偶然原因

02 管理図の偶然原因(解説)
 1.管理図の偶然原因について、説明して行きます。
 2.工程が安定している場合でも、品質特性には必ず
  バラツキが生じます。
 3.この状態を、「工程が統計的管理状態にある」と
  言います。
 4.偶然原因によるバラツキは、原因を調べても意味が
  ないです。
 5.また、製造工程で対応の必要は無いです。
 6.偶然原因は5M1E(作業者、機械、原料、
  作業方法、測定、環境)に起因します。


↑クリックすると拡大します。


3. 管理図の異常原因

03 管理図の異常原因(解説)
 1.管理図の異常原因について、説明して行きます。
 2.工程が不安定な場合は、品質特性に大きなバラツキ
  が生じます。
 3.この状態を、「工程が統計的管理状態にない」と
  言います。
 4.異常原因によるバラツキは、何らかの原因による
  バラツキです。
 5.この場合は、工程で対応の必要が有ります。
 6.偶然原因は5M1E(作業者、機械、原料、作業
  方法、測定、環境)に起因します。


↑クリックすると拡大します。


4. 管理図の状態監視

04 管理図の状態監視(解説)
 1.管理図の状態監視について、説明して行きます。
 2.管理図と似たグラフに、推移図が有ります。
 3.管理図
  ・管理限界線(平均値±3σ)を使用して、工程の
   異常を発見できます。
  ・統計的理論に基いています。
 4.推移図
  ・規格値線(上限値、下限値)を使用して製品の
   合否を判定します。
  ・統計的理論に基いていません。


↑クリックすると拡大します。

5.管理図を使用すると、管理限界線と異常判定ルールにより、工程の異常を早期に発見できます。
6.管理図は、製品の合否判定を行う物では有りません。


5. 管理図の工程処置

05 管理図の工程処置(解説)
 1.管理図の工程処置について、説明して行きます。
 2.管理図の工程処置は、下記の手順で行います。
  ・異常判定ルールで判定
  ・異常原因の調査
  ・異常原因の対策
  ・異常原因の歯止め
 3.上記の手順は管理図に限った事ではなく、一般的な
  処置方法です。
 4.判定、調査、対策、歯止めがキーワードです。



↑クリックすると拡大します。


品質管理ソフトは、下記をクリックして下さい。
本館:エクセル将棋館(品質管理ソフト)

information

姉妹サイトは、下記アイコンを
クリックして下さい。


本館:エクセル将棋館
本館:エクセル将棋館

別館:エクセル株式館 別館:エクセル株式館

スポンサード リンク