本文へスキップ

品質管理はデータに始まり、データで終わります。

  1. トップ>
  2. 管理図>
  3. T管理図

T管理図t control chart


(目次)

 1. T管理図とは
 2. サンプリングと測定
 3. 時間2y、移動範囲Rの算出
 4. 中心線CLの算出
 5. 管理限界線UCL、LCLの算出
 6. 管理図の作成

1. T管理図とは

01 T管理図とは(解説)
 1.T管理図について、説明して行きます。
 2.T管理図は、希少事象が起きる時間間隔に使用する
  のが特徴です。
 3.T管理図のみとなっています。
 4.品質特性として、時間に使用します。







↑クリックすると拡大します。

5.以下が特徴となります。
 ・事象    : 希少事象
 ・データの種類: 計量値
 ・統計量1  : 時間
 ・統計量2  : −
 ・分布    : ワイブル分布
6.尚、管理図には解析用と管理用が有りますが、本ページで解析用について記載して行きます。


2. サンプリングと測定

02 サンプリングと測定A(解説)
 1.サンプリングと測定について、説明して行きます。
 2.1回のサンプリングで、1個のサンプルを採取し、
  測定を行います。
 3.これをk回繰り返します。
 4.以下の方法となります。
  ・群の大きさ: 1
  ・群の数  : k(目安20〜25)
  ・測定回数 : k




↑クリックすると拡大します。

02 サンプリングと測定B
 5.群の大きさ1(1回のサンプリングで採取する数)
  、群の数k(サンプリングの繰り返し数)の違いに
  注意して下さい。
 6.左表を作成し、測定値の箇所にデータを記入
  します。







↑クリックすると拡大します。


3. 時間2y、移動範囲Rの算出

03 時間2y、移動範囲Rの算出A(解説)
 1.時間2y、移動範囲Rの算出について、説明して
  行きます。
 2.対象は、各群となります。よって、算出はk回実施
  します。
 3.群毎の時間2y、移動範囲Rを求めます。
 4.時間2y、移動範囲Rは、測定値と同じ桁まで算出
  します。
 5.計算例は、以下の通りです。
  ・y=t1/3.6
  ・R=|y−yk−1


↑クリックすると拡大します。

03 時間2y、移動範囲Rの算出B
 6.左表の時間2、移動範囲の列に、算出結果を記入
  します。










↑クリックすると拡大します。


4. 中心線CLの算出

04 中心線CLの算出(解説)
 1.中心線CLの算出について、説明して行きます。
 2.対象は、群毎の時間tとなります。よって、算出は
  1回実施します。
 3.群毎の時間tの平均値tbarを求めます。
  CL=tbarとなります。
 4.中心線CLは、測定値の2桁下まで算出します。
 5.計算例は、以下の通りです。
 ・CL=tbar
    =(t+t+・・・+t)/k



↑クリックすると拡大します。


5. 管理限界線UCL、LCLの算出

05 管理限界線UCL、LCLの算出A(解説)
 1.管理限界線UCL、LCLの算出について、説明
  して行きます。
 2.管理限界線UCL、LCLは、ybar、Rbar
  を使用して算出します。
 3.T管理図の場合
  ・UCL=(ybar+2.66Rbar)3.6
  ・LCL=(ybar−2.66Rbar)3.6





↑クリックすると拡大します。


6. 管理図の作成

06 管理図の作成A(解説)
 1.管理図の作成について、説明して行きます。
 2.上記の結果を基に、T管理図を作成します。
 3.T管理図の作成
  ・左図の様に、T管理図を作成します。
  ・異常判定ルールで異常の有無を調べます。
   ルール1: 群番号2、3
         (UCLを超えている)
   ルール2: 群番号10〜20
         (7点連続でCLより小さい)



↑クリックすると拡大します。

4.工程が安定しているかどうか
 ・上記の結果より、群間変動が見られます。
 ・よって、平均値が変動しており、工程異常が有ると判断できます。


品質管理ソフトは、下記をクリックして下さい。
本館:エクセル将棋館(品質管理ソフト)

information

姉妹サイトは、下記アイコンを
クリックして下さい。


本館:エクセル将棋館
本館:エクセル将棋館

別館:エクセル株式館 別館:エクセル株式館

スポンサード リンク