本文へスキップ

品質管理はデータに始まり、データで終わります。

  1. トップ>
  2. 分散分析>
  3. 二元配置のモデル

二元配置のモデルmodel of anova


(目次)

 1. 二元配置のモデルとは
 2. モデルT(母数モデル)
 3. モデルU(変量モデル)
 4. 混合モデル

1. 二元配置のモデルとは

01 二元配置のモデルとは(解説)
 1.二元配置のモデルについて、説明して行きます。
 2.二元配置のモデルは、以下の3つが有ります。
  ・モデルT(母数モデル)
  ・モデルU(変量モデル)
  ・混合モデル
 3.モデルの種類によって、分散分析の計算方法が
  異なります。
 4.解析する対象を十分に考えて、モデルを選定する事
  が重要です。



↑クリックすると拡大します。


2. モデルT(母数モデル)

02 モデルT(母数モデル)(解説)
 1.モデルT(母数モデル)について、説明して行き
  ます。
 2.モデルTは母数モデルとも呼ばれ、要因A、Bの
  各水準は一定です。
 3.分散成分(分散の期待値)は、以下の通りです。
  ・σ=(V−σ)/bn
  ・σ=(V−σ)/an
  ・σA×B=(VA×B−σ)/n
  ・σ=V
  ・σ=σ+σ+σA×B+σ


↑クリックすると拡大します。


3. モデルU(変量モデル)

03 モデルU(変量モデル)(解説)
 1.モデルU(変量モデル)について、説明して行き
  ます。
 2.モデルUは変量モデルとも呼ばれ、要因A、Bの
  各水準は不定です。
 3.分散成分(分散の期待値)は、以下の通りです。
  ・σ=(V−nσA×B−σ)/bn
  ・σ=(V−nσA×B−σ)/an
  ・σA×B=(VA×B−σ)/n
  ・σ=V
  ・σ=σ+σ+σA×B+σ


↑クリックすると拡大します。


4. 混合モデル

04 混合モデル(解説)
 1.混合モデルについて、説明して行きます。
 2.混合モデルは、片方の要因に変量モデル、もう一方
  の要因に母数モデルとなった場合です。
 3.分散成分(分散の期待値)は、以下の通りです。
  ・σ=(V−nσA×B−σ)/bn
  ・σ=(V−σ)/an
  ・σA×B=(VA×B−σ)/n
  ・σ=V
  ・σ=σ+σ+σA×B+σ



↑クリックすると拡大します。


品質管理ソフトは、下記をクリックして下さい。
本館:エクセル将棋館(品質管理ソフト)

information

姉妹サイトは、下記アイコンを
クリックして下さい。


本館:エクセル将棋館
本館:エクセル将棋館

別館:エクセル株式館 別館:エクセル株式館

スポンサード リンク